お知らせ&ブログ 一覧

靭帯損傷と捻挫

呼び名が違うだけ、これだけでイメージって変わりますね。あ、私は変わらないんだけど・・・捻って傷めることの経過を傷病名としたものが、「捻挫」受傷してしまってからの結果が、「靭帯損傷」なんでしょうね。脱臼は、結果骨折も、結果挫傷は、経過打撲も、...

ケガとスポーツは隣りあわせ

激しくないスポーツといえば、私が知る限り「ビリヤード」くらいなもの。とても激しいことをする格闘技だって、スポーツでケガは当然ですよね。それを知ってやっているんだからスゴイ!としか言いようがありませんね。先日はプロレスラーの高山選手が、頚髄の...

歩く、走る、で注意点

歩くで注意することは、踵からついてではなく、足の裏を後ろの人に見せるイメージで踵を上げる。ただ、慣れてきたら思いっきり上げる必要もないんですが、初めのうちは、足首を返す(伸ばす)ために踵を上げて体を前に送り出す形を、習慣化する必要があります...

モーメントアーム性腰痛症

草取り作業が続いて、気が付いたら、あ、痛いまぁ、軽いし、1週間ぐらいで全快、なんて考えていたら、もうどうしようもないくらい痛みが・・・。医療機関に行くも、ぎっくり腰だね、安静にしていてくださいね、と、指示を仰ぐも、寝られない、寝返り打てない...

あしくびのケガ

捻挫が代表的なケガですよね。捻挫にしろ、骨折にしろ、脱臼にしろ、挫傷(肉離れ、アキレス腱断裂)にしろ、体の防御によっておこるものです。今朝寝起き前の夢の中で、捻挫のことについて考えていました。例えば、バスケットボールプレー中なんかにはよくあ...

トップへ戻る