埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿いにあります、ひのくま整骨院です。予約制なのでお待たせいたしません。

お問い合わせ
料金に関して
電話番号
予約優先 お急ぎの方もOK
カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER

ひのくま整骨院

埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿い
保険診療・交通事故診療・駐車場有

カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER
予約優先 お急ぎの方もOK
営業時間:8:30~20:00
0480-31-7775

BLOG・NEWS

blog

足首の捻挫

大転倒しなくても捻挫は起こるもんですね。

すべって坂道を踏ん張ったら足首を痛めたといって、
私の年齢の2倍近いお年の方が、
来院されました。

じつに元気なお人で、
スポーツをやっている最中のケガなんです。

あんな年までスポーツができる、
まだ続けたいという意欲がある、
尊敬してしまいます。

結構大きく関節もずれていたんですけど、
軟部組織が強いんです、
その方は。
出血が少なく、
順調に快方に向かっています。


現在ホームページはリニューアル中なのでほとんどブログを更新していません。
新しいホームページが出来上がり次第、
なるべく多くブログを載せていければと思っています。

ただ、時々アメブロにブログはアップしています。
https://ameblo.jp/kinseifuku/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog

2月ももう終わりですね

明日からは、
3月です。

2018年がもう 1/6 終わってしまうんです。
3月になれば、
卒業式や修了式、
仕事関係では、
年度末ということで、
いろいろと忙しくなりそうですね。

そんなイベントの多い、
年度末、
体調を崩さないように
体調管理気を付けてくださいね。

うがいに手洗いは、
習慣に。

うがいは吐き出さずに、
最近は、
飲んでしまうのが良いと報告が出ていますから。

サイトのリニューアルに向けて、
今は業者の人が頑張ってくれているので、
まだ時間はかかりますができ上るのを期待して待っていてくださいね。
私もすっごく期待しているんです。

忙しい時にすみません、
って、思っているんですよ。
ちらっと番宣で観たような?

股関節の悪い人のトレーニングで、
臀筋が弱くなるから、
大臀筋中殿筋を鍛えなければなりませんと、
言っていたようなことがありました。

先日まで変形性股関節症の手術をされて、
人工骨頭を入れた人が、
整形外科のリハビリを続けていたら痛みが悪化してきて、
不安になって来院された方がいました。

まさにこれをやらされていたのです。

変形性股関節症の人は臀筋群が弱いから、
支えが無くなり痛くなるんだと説明されたというのです。

わたしは、
臀筋を鍛えるトレーニングと、
大腿部の伸筋を鍛えるトレーニングをすぐさまやめるように指導し、
柔軟性をとるように施術を行いました。

結局、その整形外科に行くのをやめることはできないというので、
リハの日だけはトレーニングをしていたみたいですが、
10回も施術しないで痛みが無くなり、
見た目そんなにひどい、とおもえるような歩き方でもなくなりました。

つまり何が必要なことなのかというと、
小さな筋肉から大きな筋肉へ、
関節を動かすのに必要な筋肉の連携を改善しなければ悪化するということなんです。
使い方を練習しなければなりません。

堀ちえみさんが大腿骨骨頭壊死のために人工関節にされたらしいのですが、
いま、術後の痛みで苦しんでおられると聞きました。
まさにこれと同じことをされているのだと私は考えています。
憶測ですけどね。
トレーニングより柔軟と歩き方の訓練が大事、
これ絶対です。
結構前に、
いろんな方からのアドバイスの中に、リズムが大事だよ、
といわれていたので、
iPhone のアプリの中に、
メトロノームがないかなぁ?
と探していたら

「TEMPO」

というアプリを見つけたのでインストール。

でも、一度開いただけで使っていなかったんですよ。

でも昨日から、パターの練習や、
普段の行動でも、
頻繁にこのテンポアプリで、
リズムの習慣化をすることに、
挑戦!

以外と日常生活でも変わるかもしれませんね。

あとは自分に合ったテンポを、
読脳で調べるのも面白いかも、

また後で検査して実践してみようと思います。
一昨日の気温に比べ機能は寒かった、
そんな中、
連日のゴルフの練習場へ行ってみました。

一昨日の課題と、
復習、前進?とやってきました。

連日練習したことがなかったので、
少しだけ先に進めたような気がします。
自己満足なんですが・・・・

今度の課題は、
クラブの握り方、
ぞくに言われるグリップですね。

いま、このまま続けると、
良く出産後のお母さん方が成る、
手首の腱鞘炎、
ドケルバーンまたはデュケルバン症候群
になってしまいそうなので。

親指の開く力をかけすぎているんでしょうね、
ゴルフに限らず、
今のこのPCの打ち込み操作でも。

ちょっと前からPCの打ち込みは左をよく使うように心がけています。
左の指の使いが上手になれば、
普段のお仕事でも、
器用に使えるようにできるはず。

手先を使うことは脳の刺激にも・・・
どこを動かしてもなるんだけど・・・

またあまり日を開けずに行くっきゃないですね。
乗っかっていられる時間が増えました。

あぐらも正座も、
結構できるようになってきたので、
ボールの空気を増やして、
安定性を欠くようにしたのですが、
それでも、
結構普通にしていられるようになったんですよ。

<(`^´)>

小さいころは、
サッカーボールの上に乗っかったりできていたのですが、
今はまず怖くて無理!
って思っていましたが、

これならいけるかも?

あ、でも、サッカーボールそうして使うものでないから良く怒られていましたね。

バランス感覚を鍛えると言ったら水泳もいいような気がします、
水に浮くだけでもね。

だるま浮きとか、け伸びもいいかもね。
背泳で浮いているだけでもいいと思いますよ。

みんな結構お腹から沈んでしまいますからね。

バランス感覚を養うことっていくつになっても大事です、
簡単にできる片足立ちから始めてみましょうね。

バランスボールの話はどっかに行っちゃいましたけど・・・

(∀`*ゞ)エヘヘ
こんにちは。

今日は日曜日、
ということで、
打ちっぱなしのゴルフ練習場に。

いつも行くんですけどなかなかうまくならないものですね。
私の下手さ加減には・・・
(;´д`)トホホ

でも気が付く点もあったので、
それはそれで練習に行ったかいがあったというもの、
こんな感じなので、
上達できないのかな?

でも前向きに何でもするほうが、
楽しくできるから、
ストレスが少なくて済みますよね。

体に負担のかからないスイングを目指して、
これからも練習あるのみ。
おはようございます

今日は夜から雨なんだそうです。
ちょこっと嬉しい。

雪が解けると思うんで。
まだ残雪があるんですよ、
当院前の歩道に積み上げた雪が・・・。

冬のスポーツの代表格、
・・・
あ、スキーとかスケート、それにスノーボードが代表格でしたね。
雪や氷を使わない、
フィールドでするスポーツといえば、
サッカーにマラソン。
走るイメージのスポーツです。
ラグビーもかな。
年末に行われた高校サッカー選手権大会などがあるので、
サッカーをやっていたということもあり、
私の中では、
冬のスポーツといえばサッカーなんです。

そんなサッカーは、
走りどおしのイメージを持っていたんですが、
最近は、ポジションごとの仕事が確立しているのか、
結構フィールド上を歩いている選手を目にします。

まぁ休むことも必要ですから、
いいんですけどね。

走りっぱなしになると、
サッカーの場合はほぼダッシュですから、
足底の負荷は半端じゃありませんね。
プロの選手だって、
足の裏をつってしまいプレーを中断することが結構あります。
あまり足底腱膜を切った、
という話は聞きませんが、
アキレス腱や下腿三頭筋の肉離れはよくあることです。
つまりそれだけ負荷がかかる足底腱膜、
しかし、他のどの部位よりも強固であるとも考えることができます。
それが痛みを出すんですから、
足にかかっている負担がそれだけすごいのです。
全体重を支えているのが足ですからね、
そこにプラスアルファとして走る負荷が入るのだから、
そりゃ当然。

できれば痛みが出たらプレーは続行するべきではないと思います、
でも、大抵は続けていますよね。
靴の上からストレッチをしていますが、
できれば靴を脱いでストレッチした方がいいですよ。
どうしても靴のあそびと、
足の細かな骨をつないでいる関節の緊張も靴の上からだとできませんから。
マラソンの時とサッカーでの走る足の運びが違うので、
サッカー選手の方が足底の腱膜を傷めることが多いのです。

ダッシュの多いスポーツは気をつけましょうね。

成長期の膝の痛み

こんにちは。

膝の痛みでお悩みの子はいないですか?
もしそんな子がいたら、
お早目に当院へご来院なさってください。

なぜって、
そのような成長期に多い膝の痛みに、
たくさん携わってきたので、
お力になれると思うんです。

そもそも、
成長痛と呼ばれているものは、
その年齢になると誰しもが通る道というわけではありません。
わたくしも、
体験はしていませんので。

つまり、足の使い方によって発症する子と、
発症しない子と、
に分かれてしまうのです。

そしてそれで悩み始めると、
練習を長~いこと、
見学しなくてはならなくなりますね。
見学をしてるのがつらくなり、
クラブ活動をやめて、
ぐれてしまう子が出たりしますよね。

そんなことにならにようにするために、
まず気を付けることは、
いつの年齢もですが、
常日頃からストレッチングをする習慣が大切です。
これが成長痛といわれる症状を起こさないための第一歩。

そして起こってしまったら、
早めにご来院ください。
症状がどうなっているのか?
どのくらいの進行なのか、
診てみないことにはわかりません、だからです。
早い子だと翌日の練習から参加OK とします。
もちろん練習中に痛みが出てかばってしまうようだったら、
その練習を休んでもらいますけど。

1週間もすれば全快で練習に参加されています。
もちろん施術は続けてきてもらうんですが・・・。

筋膜性腰痛症

色々な生活環境や、
いろいろな筋肉の発達の違いで、
同じようなところに痛みが出ても、
人それぞれ、
原因が異なります。

先日診えた腰痛の方は、
重いものを持つお仕事をされているそうなんで
非常に広背筋が発達していて、
逆三角形の体系が目立つ人でした。
普段から腰痛を抱えているそうなんですが、
その日滑って転んでしまい、
尻もちをついたそうなんです。

ただ手が先に出ているので、
打撲のような痛みではない、というのです。
ただ、打撲は簡単に言えば、
切り傷やかすり傷のように、
皮膚表面にかさぶたを作るようなケガと同じようなもので、
すごい出血を起こし、
後々血腫を作るような心配がない限りほとんど心配はありません。
それよりも、
もしその打撲になる損傷程度を少なくしようと、
生体防御で、捻って傷めることの方が後々大変になります。
その捻りがどこが一番負荷がかかっているのか、
そして、前々からある腰痛を作り出している筋肉のコリが、
その捻転にどのくらい作用して、
捻ったものがどの程度元に戻ることができているのかで、
腰痛症の症状が変わるし、
傷め方の形種類が異なるのです。

筋膜性の腰痛症と一言で言われても、
何十という種類があり
施術のパターンを大雑把に分けたとしても
3種類に分かれます。
その中には腰の痛みなのに、
腕や肩の筋肉の機能を改善しなければならないこともあります。
結局その方は、首・肩からの症状はなく、
その症状に見合った施術で早期に治癒することができました。

広背筋がとても気になったんですけどね。
ページトップへ
〒346-0012
埼玉県久喜市栗原2-2-7
TEL:0480-31-7775
Copyright(C) HINOKUMA.All rights reserved.