埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿いにあります、ひのくま整骨院です。予約制なのでお待たせいたしません。

お問い合わせ
料金に関して
電話番号
予約優先 お急ぎの方もOK
カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER

ひのくま整骨院

埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿い
保険診療・交通事故診療・駐車場有

カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER
予約優先 お急ぎの方もOK
営業時間:8:30~20:00
0480-31-7775

BLOG・NEWS

当院のご案内
ご挨拶
料金目安について
当院へのアクセス
お寄せ頂いたご質問
神経筋整復法
サイトマップ
当院のご案内
腰背中の痛み、痺れ
膝 股関節 足の痛み
首 肩 腕 背中の痛み
頭痛でお困りの方へ
スポーツ障害・外傷
肩こりがひどい
膝(ヒザ)の痛み

blog

腰痛、肩コリ、股関節の痛み

大体、

同じ体幹にある、

肩、首、

腰、

股関節、臀部、

これらは上記部位のどれかに変化が起これば、

いずれ痛みが発症してしまうもの。

治していれば問題なく過ごせるのですが。


だいたい、

治すところは、

保険診療されているところではできない、

というものなんです。

とくに、柔道整復師が開業されている、

接骨院、整骨院、骨接ぎ、

では。なぜなら、

保険診療には、電療が行われるのが、

通常業務になってしまっているからです。

とくに、

低周波のような電流を流すものは、

体にとって効果がない、

あるいは悪化させるにすぎません。

人の体を動かすように、

指令を出したり、

情報を拾ったりするのに、

神経の中を電気が行き来するものです。

更に、

筋肉は神経の終末が多数存在するものですので、

筋肉の通電が良くなりすぎるということは、

神経終末から筋肉への信号を読み取る力を低下させることにつながりかねない、

という現象が起きてしまいます。


ではなぜ、

なんの目的で通電や、

マイクロ波、

を使うのか?

つまり、

体を温めるのが最善の療法と考えるために起こった学説なのです。

でも、

体の働きが改善されると、

自然に代謝が上がり、

熱は上昇するので、

体外から温める必要がなくてよいのです。

そして、

その温めが、

治癒期間を早めると考えられました。

が、

私は、治癒するのを待つための手段だと感じています。

つまり、自然治癒するのを待っているのだと。


でも、なにかきっかけを与えてあげたほうが、

体は治ろうとします。

関節の歪みを整えたり、

整えるまで行かなくても、

関節を動かしたり、

筋膜を伸ばしたり(最近流行りの筋膜リリース、昔からある技術で時々使ったりもするんですけどね。)、

関節内圧を高めてあげたりすることで、

細胞の活性が得られるのです。


どんな治療があうの?

と悩まれている方も多いかもしれませんが、

試されるのが一番です。

早めに手を打ちましょうね。

つい先日まで暑いと言っていたのが嘘のよう。

寒くなりましたね。

スポーツをするのには、

絶好な気温なんですけどね。

ただ、体を冷やさないように、

運動終了後は、服を着替えて、

汗を残さないように心掛けましょうね。


冬の腰痛は、

熱の放出を防ぐ機能と、

熱生産による筋の緊張、

によって、

十分な柔軟性が確保できず、

以前から蓄積された、

筋肉の披露と重なり、

危険な体を知らせるために、

体自身が、

脳にうったえかけた結果起こるものなんです。


はじめは軽い腰痛でも、

何回か繰り返すうちに、

「前は、一年に一回歩かないかのぎっくり腰だった、そしてそれは何日間か安静にしていればなおったのに、今回は違うんです。この一年のうちに何回も繰り返すし、休んでいてもなかなか痛みが落ち着かないので前のとは違うと思ったので治療しなければならないと思い来ました。」

と、問診の時に言われる人がほとんど。

でも、それって治していなかったをだと、

私は思うんです。


しっかり機能確保できるような状態にしなければ、

冬の腰痛で悩まされてしまいますよ。

早めに手を打ちましょうね。

▽`*

改めて感じたことがあります。
人は寝て生活するわけではないので、
起きている状態で、
右肩が痛い、
左首が痛い、
などということがほとんどです。

しかし、もしかしたら、
痛いといっているところの筋肉が、
働けない状態になっているんじゃななくて、
働けなくなった部分の筋肉、関節を
バランスをとるために緊張しているために、
痛みが出ているんじゃないんですか?

それが反対側の筋肉や関節の障害が存在していない場合もあります。
足の爪先、あるいは爪の障害、
障害というより現象ですね。
巻き爪だったりが関係することもあります。

つまり必ずしも痛みを感じているところの働きに問題が生まれ、
その危険を知らせるために、
痛みを発しているものがすべてではありません。
すなわちそれはレントゲンやMRI 、CTには映らない問題なんです。
写すことはできても、
被爆量などを考え、
複数枚一度に撮影することはほとんどないと思います。

まずは動作観察をして、
動きをつけてあげることでの変化を見てみると、
新たな発見が痛みの解除につながるかもしれません。
なかなか治らないとお悩みの方は、
一度全体を診てくれるような医療機関に相談してみるのも改善策かもしれませんよ。

昨日は大阪に行ってきました

もう、10年以上大阪に出かけていなかったので、
大阪の変わりようにビックリしました。
御堂筋の華かな建物に圧倒され、
まぁ、車で通りすぎただけでしたけど・・・。
それも私が運転ではなく、
親戚の方の運転で。

遊びじゃなかったので、
満喫するということはできませんでしたが。

僕のお世話になっていた町も
やっぱり変わったんだろうな、
考えていました。

街の様相も変わるんだから、
私たちの身体も、
ところどころ変化しますよね。
その変化はどこから起こっているんだろう?
などと考えたことはありませんか?
私もないんですけどね。
ただ、
薬で病気を治そうという発想は、
僕の気持ちから変わりつつあります。
だからこういう仕事をしているんですけどね。

昨日の大阪への往復新幹線の中で、
寝るつもりだったんですが、
面白いからかなのか、
寝る事をせずに読み進めた本があります。
電子書籍で読んでいたんですが、
「奇跡のリンゴ」
という本。
もうこの本が出てから結構な月日は流れていると思うのですが、
読む機会がなかったので、
今読んでいます。

実に面白い、
農業が品種改良と農薬との発展で変わった、
その結果作物も弱くなったということ。
つまり科学の進歩により、
人を弱くするのと同じなんだと、
考えさせられる内容なんです。
自然が一番強く、
元気でいられる。
雑草の生えたふかふかの山の土は、
沢山の樹木を育てることができる。
それを、
この奇跡のリンゴの生みの親が感じて、
人に何と言われようと実践して、
山のような畑づくりをしたら、
根を深くまで張り巡らし、
葉にも元気を取り戻し実を付けたと。
薬を付けて、
害虫を減らし、
草をとり作物だけを過保護に育てる、
病気や虫はその薬に対抗しうる進化をする、
その鼬ごっこをしているようだけど、
じつは作物を弱くしているんじゃないかとも感じました。
ただ、土を変えてみようという考えに至るまではそうとう悩みぬかれたようです。
私たちの身体でも、
腿が痛い、膝が痛い、
というものでも、
その人全体を診て、
本当の原因を探らねばならない、
そうでなければ、
病気や傷みはすぐに再発するし悪化させる。
薬もそうで、
例えばインフルエンザ、
ワクチンを投与してもその型に合っていなければ、
重症度は他のインフルエンザと変わらない。
かかっても早く熱を出し、
ウィルスを焼ききってしまえるようなそんな免疫力を付けた方が、
薬に頼るよりよっぽどいいような気がするわけです。

どうすれば根本治療をより効率よく、
より自然に戻せるのかを、
常に考えているんで、
このような本に出合えると、
何かのヒントがまた見つかる気がしてなりません。
治療のスタイルは変えることはないと思いますがね。

からだづくりの第一歩

安定した体を手に入れるために、

大きな動きは辞めましょう。


大きな動きは不安定にするだけです。

まず、ゆっくりで間違いなく体を動かすことから身に付けるため、

あまり大きな動きをしないことが重要になります。

歩き方は昨日話したとおり、

腰を回すような運動も、

小さくしっかりとした円を描けるように、

そしてつっぱり感かなくなるくらいスムースに動けるようになってきてから、

少し回転を早めていきましょう。

回転も早くなれば、

自然と遠心力が、

腰を外に振り回しますから、

大きな円を描くようになります。

ただ、、本来はそれでも大きな円は作らないほうが良いと考えています。

できることなら、

細かく早く、

軸を歪めないように回せるようになることが理想です。

不安定は、怪我を発症させる最大の要因ですから。

とりあえず、

ストレッチングと並行して行いましょうね。

大股で早歩きをしないとカロリーの消費が得られないと、
説明するドクターや、
施術家がいます。

間違っている!

そんなことをすると、
足首が痛くなる、
足の裏が痛くなる、
巻き爪が炎症を起こす、
膝が痛く、朝起き上がるのが大変、
歩き出す時に痛みを感じる、
股関節が痛い、
立ち上がるのになかなか腰が伸ばせない、
肩、首が痛くなる、
などなど
非常に多くの障害を起こすことがあります。

私の考える早歩きをする分には、
そんな障害は起きないと思います。

それはなるべく足首を使った、
軸足に全体重がのった時に、踵を上げてくると自然と膝が曲がり、
軸足と可動足の大腿が並行になる歩幅で行う歩行、
この回転を速める早歩きならば、
身体の軸をゆがめることなく、
綺麗な所作をされているような姿勢でカロリー消費が得られます。
時間×移動距離×消費活動量で大股で早歩きしたときと同じ値を作れば、ダイエットだってできるんです。

いきなりはとても難しいと思います。
ですので、
爪先が付いたままの足踏みを行い足首の使い方をマスターし、
それから、ゆっくりでいいんです、
膝を持ち上げるようなイメージは消して、
踵を上げて前に押し出すようにして体幹を送るイメージで、
軸足に体重をかけてくる、
その反動のまま蹴り足の裏を自然に地面につけるようにすると、
自然な角度で踵が接地します。
決して踵からという歩き方にならないように気をつけましょう。
この繰り返しがうまくできるようになって来たら歩くときの足の運びを早くしていくと良いと考えています。

絶対に大股の早歩きは身体を傷めるのでやらないでください。

先日、芸能人格付けチェック、

という番組をテレビで見ていた時、

フラフープをやっていたので、

ネタに。(´∀`*)ポッ


西岡徳間さんや、高橋みなみさんみたいなフラフープが一般的なのに対し、

荒川静香さんのフラフープはほとんど無駄な動きのない、とても理想的な運動をされていたのに驚きました。

やっぱり、トップアスリートと呼ばれる人達は違うんだと実感しました。


つまり体幹のバランス感覚と、

リズムと、

予測力が優れているので、

常にフラフープが接触しているのを感じる最適なタイミングに、

どの程度遠心力がかかるかを、

無意識に計算し同時に複数仕事をの脳がこなしているということなのです。


だから私は、

ご子息さんを、

芸術でも、スポーツでも、

何かに秀でた人にしたければ、

特定のスポーツをさせるのではなく、

よりたくさんのことを経験させたうえで、

その子がやりたい方向に気持ちが傾いた時、

英才教育をすれば良いと考えています。


でも、子供のいない私が言ってもしょうもないことなんでしょうけどね。


ただ、トレーニングの一つにフラフープや縄跳びを入れるのは良いことなんですよ。小さな子供のうちからやらせとくのは大人になってから得すると思いますよ。

タオルを枕に

タオルを枕に変えてかなりたちます。

最近はそれでも、なんだかしっくりこないので、

今朝方、

枕の高さを変えてみようと、

たたみ方を変えてみて再度床についてみたんですがしっくりこない。

やっぱり、私は9枚重ねがベスト。

10枚も12枚も、8枚も

頭が安定しないから、

顎に力が入って、

噛み締めてしまう。

高くなると、頭を下に下げようとする力も増す。

つまり、後屈(背屈)の力が入ってしまう。


仕方がないので、

下部肋骨のあたりに、手をあてがってみると、

楽!( ≦)⁾⁾バンバン

ということで、

4つ折にしたタオルを肩甲骨あたりから腰にかけて当たるように敷いてみたところ、

いい感じになったのでそのまま再度就寝。


その後、

起床して朝の支度をすましたあと、

肩甲骨と骨盤のところに敷くタオルを思考して、

結局、肩甲骨はタオル4枚、

骨盤はタオルを8枚で落ち着いたんです。


今日はそれで就寝してみるつもりです。

それで体が変わればそれはまたすごい発見です。

枕をお探しの人も試してみて。

タオルならいろいろ試せるし何万円もしないでしょ。

先日来院された男性、

お腹が痛いということで内科に診察を受けに行かれたそうなんですが、

様々な検査をして、

内科的な問題がなかったということで様子をみるよう指導されたそうです。

それでも、緩解することはなかったので、

接骨院にかかったそうです。

どんな判断をされ施術をされたのかはわからないんですが・・・

結局痛みは増すばかり。


つらい思い、されたんだなぁ、

って私は思います。


普通接骨院や整形外科では、

そのような場合はどんな処置をするのか知りたいものです。

電療と温罨法とマッサージをするかしないか、

なのかな?

キネシオテープや、

スパイラルテープ、

など変わったものをする先生はいても基本は上記の施術。

更に接骨院や整骨院で保険適用内で施術を受ける場合は、1ヶ月に10回まで、

と定められてしまいましたから、

もっと大変になります。


変化、結果をやっぱり求められますが、

これでは、

とても・・・


話は脱線しましたが、

彼のようなお腹の痛みは、

筋肉のこわばりから起こるものも結構存在するんです。

ただ、お腹のこわばりを取ろうという施術や治療をしようとしても、おそらく結果は変わらないのではないかと考えられます。

なんでお腹がこわばっているのか?


つまり、

足の軸が崩れていてまっすぐ立つには、

正常な体よりも筋肉に力が入ってしますのか、

腰が疲れて、腹部を支配する神経閾値が低下してしまったのか?

何処かの関節異常から起こる、放散痛か?

と、直接お腹を叩かれたかぶつかったかという原因がない限り、

お腹だけで傷めるということは少ないわけです。


すなわち、内科的な疾病がないのであれば、

あとはお腹の周りの、

骨格異常がありそれを対処しなければならないわけだから、

内科、次に整形外科、神経内科、等で検査を十分にして、

それから、整骨院や、接骨院、鍼灸院、整体院、カイロプラクティックオフィス、などで、

自由診療で施術にあたらなけれはならないと考えます。

私もつい最近の医療サイトで知りました。
でも考えてみたら、
そうかもしれません。
科学的な根拠はわかりませんが、
貧困地区、
つまり発展途上国の方が、
沢山の子供が生まれますよね。
ネズミの実験でも、
飢餓状態にしたネズミのつがいと
満腹状態にしたネズミのつがいとでは
生まれてくる子供の数が違う、
といってます。
植物でもそういうことがあります。

わたしの修業していた筋整復院には
「幸福の樹」と呼ばれる
ドラセナの樹がありましたが、
一度も花を咲かせたことがありませんでしたし、
現在も咲かないそうです。
でも、
放ったらかしにされているような、
ドラセナの樹は、
花を咲かせるそうです。
花を咲かせるということは、
種をつくるのだから、
子孫繁栄のために生殖能力が上がるということですよね。

肥満ということは、
栄養状態が非常に良すぎて、
エネルギー物質が余分にありすぎるので、
物質を変化させて皮下組織や内臓組織に貯蔵しやすい、
脂肪にし蓄積してしまうのですよね。
すると、身体の重さは増すので体力は使われるのですが、
飽食のためまたすぐに栄養がとれ、
過剰に取れた栄養を蓄積して、
安定化してしまう。
つまり、子孫を残さずとも安定して生きられるという変化が、
卵子の生産や精子の生産の数を減らしてしまうのです。
とはいえ、食べたいのはしょうがない、
止められないですよ、
現にダイエットをする時に食事制限をされた人は、
リバウンドする率の方が高いのですから。
つまり食事量を変えることをしたくなければよく動きなさい、
ということです。
食べたエネルギーを消化するくらい、
肥満の方はそれを超える運動を本当はすべきですけど
そういう私も肥満傾向。

だから今は走り始めているんですよ。
子孫繁栄は考えてはいないんですが。
ページトップへ
〒346-0012
埼玉県久喜市栗原2-2-7
TEL:0480-31-7775
Copyright(C) HINOKUMA.All rights reserved.