2024年 一覧

足首の捻挫、甘く見ない方が良い

捻挫といわれたから、「安心」みたいに思われる方が大勢いるようですが、後遺障害が起こりやすいケガの代表が、足首の捻挫です。 簡単な話、捻挫を甘く見ていると、後でいろんなところに痛みが出てくるぞ、ということです。専門の医療機関で早めに手当...

症状の変化に難がある人

症状が悪くなるのは早いんですけど、施術後の症状の変化がわからない人がときどきいます。 いつも、力が施術の時に抜けない、抜かない、協力してくれる、入っていることの自覚がない、パターンの人が施術後の今の状態の確認後に、「痛みが取れてない」...

更年期障害

更年期障害と呼ばれる症状は婦人科系のものと多くの人が理解されていることと思います。 先日、お電話があり更年期障害で、体のほてりや痛み痺れを何とかしてほしいと、依頼のお電話がありました。もちろん更年期障害をという主訴でしたので、ほてりや...

腓骨下端部の骨折

脛の骨に並行してある骨が腓骨。 この腓骨、骨折の割合は高いものです。 だから、わりと研修時代みることができました。 専門学校でも念入りに教えてくれます。 ただ、いまだに発生機序がアップデートできていないようなので・・...

施術、受けてきました

久しぶりに自分の体もメンテナンス。 一昨日は研修会だったのですが、症状を対象にマンツーマンで施術に取り組むというものでした。 一番最初だけは、骨折の患者さんの完全整復できていない足首の後遺症の施術で、やはり骨折部位の整復はできな...

テニスはしていないけど、テニス肘

テニス肘とは上腕骨外側上顆炎という傷病名のつく、肘の慢性痛です。 前腕の筋肉群、伸筋群と屈筋群、これらの拮抗バランスの崩れ・ゆがみが原因で起こる痛みです。筋肉には疲労が蓄積し機能が低下しても痛みが起こるまでのキャパシティ(許容量)がそ...

反り腰の腰痛症

最近はやり言葉のようによく耳にする反り腰、私は開業よりも前に、だから20年位前から反り腰と深腰という言葉を教わり説明の際に使っていました。それがどうした?といわれるかもしれませんが、冒頭でも書いたように流行り言葉のように反り腰だけが表舞台に...

立ち上がる時に腰が痛い

立ち上がるときに腰が痛む理由は、個々の生活習慣や行動パターンによって異なります。そのため、一概にその原因を特定することは難しいです。施術の際には、まずは患者さんのお話を聞き、動きを観察し、...

トップへ戻る