埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿いにあります、ひのくま整骨院です。保険診療・交通事故診療・駐車場有。

お問い合わせ
料金に関して
電話番号
予約優先 お急ぎの方もOK
カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER

ひのくま整骨院

埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿い
保険診療・交通事故診療・駐車場有

カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER
予約優先 お急ぎの方もOK
営業時間:8:30~20:00
0480-31-7775

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ中に起こるケガ、および頻繁に繰り返される微細な筋肉・腱へのストレスにより引き起こされる障害をすべてひとまとめにしてスポーツ障害と呼んでいます。 ケガの場合はここのホームページで紹介しているような特殊な治療でなくとも従来の固定と期間(自然治癒期間)と電器やマッサージといった保険治療で治ります。ただしこの場合は毎日の通院が必要です。

ここではまず、学生の方がよく悩まれている成長痛、代表的なオスグット氏症、腫骨骨端炎はひどくなると長いことスポーツを行うことを休まなければならなくなる障害のことやほかの特殊な障害や慢性障害について記載してみます。


オスグットなどは、休んだからといって今までの動きができるのかというとそんなことはありません。
オーバーワークした筋肉は休みを取ったことで7~8割程度は回復できると思われます。しかし残りの2~3割の筋線維は筋肉同士がくっついてしまったり、ねじれてしまっているため自分の力だけではどうあがいても戻れないのです。そしてねじれたままになっていると伸縮性がなくなりいずれは筋肉の骨にくっつくところをはがさずにはいられなくなるわけです。


sports.JPG とくにオスグットや腫骨骨端炎などは成長期には骨端軟骨であるために剥がれてしまいやすいのです。はがれる手前の症状でも繰り返しその牽引力が加わっているとその刺激にその軟骨は成長してしまい出っ張った膝や踵になってしまいます。骨として出来上がってしまえば形の変化は起こりません。しかし、筋肉の機能は落ちたままのため痛みは引くことは関節面をずらし可動範囲を狭めることであったとしても、すぐに疲れがたまってしまったり、ほかの足首や足の裏、腰、股関節などに痛みを出してくることが非常に多いです。神経筋整復法は体の反射を利用して元に戻ろうとする働きを最大限に引き出すとともに、他動的に関節を少ない刺激で矯正していきます。非常に早くよく動けるようになりひどい症状でも短期間の運動中止だけですみます。


野球肩、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘などとよばれる障害は、うでの筋肉の働きが不仲になり力が発揮できなくなったために神経レベルを低下させて痛みを出します。そして肩関節についている三角筋がその障害のストレスセンサーとなりさらに腕の機能を低下させて痛みを増幅しています。野球肩の場合は上腕二頭筋の長頭腱が通る溝へ流れ込んでいる潤滑液が過剰に分泌されてしまったり、関節の位置がずらされてしまっているため腱がうまいこと収まりきらずに引っかかり痛みを出してしまっていることが多いです。ただすべてはうでの筋肉の働きの協調性がくずれてしまっているので長期的に休んでも何割かの人は元に戻らないことのほうが多いです。神経筋整復法ではずれてしまった関節の位置を整合して筋肉群の協調を回復させ根本からの回復へと導きます。

yakyuu.BMP 腰の機能的損傷で椎間関節症や分離症と診断されバスケットボールやバレーボール、トランポリン、跳躍競技から離れてしまったりやめなきゃならのだろうかと悩んでいる人も多いと思います。背骨の両サイドを支えている脊柱起立筋群がジャンプなどの衝撃を直接、頭にいかせないように一生懸命働いた末に起きてしまう障害です。腰背中の章でもあげましたがこれらの筋肉は、筋肉を縮めて力を発するものではなく長さを変えずに働く筋肉なためこったような筋肉になってしまうと筋肉の長さは短くなっているため本来の筋力は発揮できずに、背骨やその軟骨に障害を与えてきます。これらの短くなった筋の長さを正常に戻すのにはマッサージなどの刺激で自己治癒を試みてもやはり時間がかかりさらに結果は薄いように思われます。神経筋整復法では理論上もどせるといった方法に合わせた擬似操作をおこない体に反射運動をおこさせ筋整合と関節並べ合わせとさらに力軸の回復を手足をつかい、行います。とくに腰は筋肉の集まった部分なので驚かれる人も非常に多いです、それだけ筋肉が重要で鍛えるよりも柔軟が大切か実感されることと思います。


他にもさまざまな障害がありますがその障害を引き出しているのはほとんど筋肉から起こるものです。わたしは筋肉を調整し、みなさんの早いスポーツ復帰を目指しております。悩んでいないでご相談ください。

スポーツ障害といわれる様々な症状

□ 野球肩   □ 水泳肩   □ 野球肘   □ テニス肘   □ ジャンパーズニー など


スポーツ障害は、繰り返し負荷がかかり機能・器官を損傷したものです。

障害を広く考えると骨折や脱臼、捻挫、肉離れ・アキレス腱断裂などの挫傷といったケガもふくみますが、一般的には慢性的に生じてきた筋肉のゆがみ関節のネジレ、疲労骨折をスポーツ障害といいます。
中には成長痛といわれている症状もこれに含まれます。
たとえばオスグットシュラッター氏症(ひざの成長痛)や腫骨骨端炎などです。
これらは急激な身長の伸びに対して筋肉が対応しきれずに筋肉の付着部にシゲキが入り剥離されたり炎症をおこしたりします。
しかしこれは、どんな子供もおこる可能性はあるのですが主に生じるのは運動の盛んな子供たちが発症しやすいです。
これは筋肉の拮抗作用にズレが生じるためにおこります。

主な原因

最近のスポーツに使われる道具は非常に軽くなり、さらにクラブやラケットなどは非常にボールを飛ばしやすい素材に変わってきています。

さらにトレーニング方法やプレースタイルがかわりそれに見合った筋肉の柔軟性およびバランスがついていけてません。

たとえばバレーボールやテニス、あるいはゴルフなどのスポーツでは、腱鞘炎がよく診られるようになりました。

これは便利のよい生活用具の普及により、筋肉の機能の低下が起こってきてしまい、それとは逆に運動器具の改良により運動スピードが速くなりその分筋肉にかかる負担が増加してバランスを崩すことが多くなった理由でおこっています。

また、器械体操やサッカー、バスケットボールなどさまざまなスポーツで技の一つ一つが高度になり身体にかかる負担が非常に高くなっています。

そのため成長期に技能優先で練習をおこなっているクラブチーム所属している子供たちは、身体バランスを崩すことが非常に多いです。

施術方法

ゆがんだ筋肉、ゆがんだ骨格、よじれた神経回路に神経筋整復をおこない、整えます!

バランスの崩れた筋肉、関節、重心位置を筋肉の調整を行い、神経回路へ筋肉の連携性をスムースにおこなえるように矯正をおこないます。
そして、障害の出ている部分の原因を追究し根本から治るようにみちびきます。
さらにスポーツの練習で毎日疲れて身体を自分自身でケアできない部分をメンテナンスもおこなっています。
お悩みの症状があるかたは、まずお電話ください。

〒346-0012
埼玉県久喜市栗原2-2-7
TEL:0480-31-7775
Copyright(C) HINOKUMA.All rights reserved.