埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿いにあります、ひのくま整骨院です。予約制なのでお待たせいたしません。

お問い合わせ
料金に関して
電話番号
予約優先 お急ぎの方もOK
カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER

ひのくま整骨院

埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿い
保険診療・交通事故診療・駐車場有

カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER
予約優先 お急ぎの方もOK
営業時間:8:30~20:00
0480-31-7775

BLOG・NEWS

当院のご案内
ご挨拶
料金目安について
当院へのアクセス
お寄せ頂いたご質問
神経筋整復法
サイトマップ
当院のご案内
腰背中の痛み、痺れ
膝 股関節 足の痛み
首 肩 腕 背中の痛み
頭痛でお困りの方へ
スポーツ障害・外傷
肩こりがひどい
膝(ヒザ)の痛み

2017年8月アーカイブ

体は全部つながっている

いつも、
手技をかけていて思うのだけれども、
体ってつながっているなぁ、と。

理論上分かっていることだけど、
実体験に勝る、
感覚的な理解は、
皆さんも体験できていることだと思う。

だって、
神経筋整復法は、
基本手足しか動かさない、
まぁ、時々首を支えたり、
頚部上部を圧をかけたり、
肋骨を動かしたり、
うつ伏せの体幹部を固定するのに、
膝をあてがったりという行為はするものの、
基本は手足を操作するもの。

腕をひねり伸ばすだけで、
首の痛みが軽くなったり、
腕を後ろに引くだけで首や背中の痛みが軽くなったりと、
一般的には考えにくい動作で、
痛みや重さが軽くなるのは体験すればよく分かるもの。

今始めたゴルフの教科書にしている、
桑田泉プロもよく言っています。
腰をひねりなさいと良く一般的には指導されるけど、
腕は体についているんだから、
手から降らなければ、
不自然なスイングになって当たり前。

股関節の動きをよくする治療しても自然と、
骨盤が傾いてくる、
時どき一緒に動いてくれちゃう(意識的に)人もいるんですが、
連動するものなんです。

歩く姿勢だって足だけ動かしているつもりが、
軸足を中心に股関節から骨盤に捻る動きが入ります。
骨盤がひねられれば、必然的に背骨も捻られるわけです。
背骨がひねられれば、それに連なる肩は動かなければならないわけです。
もちろん、背骨の先端に後頭骨がのるわけですから、
頭蓋骨にも何らかの変化が生まれるはずです、
ただ、医学文献上は頭蓋骨は縫合でつながっているので動かないとなっています。
つまり足首から膝股関節の軸を合わせていくと、
全身の治療ができるわけです。
ただこれだけだと軸合わせだけですから、
筋肉の機能協調調整も同時進行すると、
前、後、前・・・・・・
と二つ三つそろえると、
途中で協調がとさえることもあれば、
頭までず~っとバランスをとっていくこともあります。

不思議とつながっているんですよ、
ほかには、
小指を突き指したとします。
手の指ですよ、
それなのに重心はいつもよりも後ろに、
踵よりの姿勢をとるようになります。
つまり、
小指を曲げないように指を立ててかばい、
前腕部に緊張をかけることで肘の動きを制限し、
伸ばすか、少し曲げた状態でいるか、
あるいはおもいッきり曲げたままでいるか、
そうすると肩関節の三角筋にも力が入ったままになり、
肩甲骨の動きに制限がかかり、
肩も前方に出て、
腰から背中をそらせる力みが入り、結局重心が後ろに傾くわけです。
じゃぁ、局所だけの治療で良くなるんじゃないの?
と考えた結果が、
保険での電気を当ててマッサージをするかしないか、
テープを張るかもしれない施術、
あ、テーピングは保険外だし。
それでも、ケガしたばかりはその局所のものを取り去れば、
バランスをとるので割と治るんですが、
ケガと思っているような
テニス肘、野球肩、腱鞘炎などなどは、
長いこと地道に体が変わってきた証、
局所だけよくしようとしてもこじれた筋肉や関節のゆがみは戻れない。

バランスをとるという観点からは、
経絡脈を整えるのも同じだと思うんですが、
私は学んでいませんし、
いまだ科学的根拠は示されてはいない研究段階の医療、
ただ、経験が記されそれをもとに日本でも、
世界でも開発されています。
だから私は何とも分かりませんね。

一方PNFもいまだに研究を重ねられてはいるようなのですが、
それをベースに行っている神経筋整復法、
PNFが科学的根拠があり、
神経と筋肉の関係を踏まえた医療行為ゆえに自信をもって治療しているんです。

神経の方から見ても、
体がつながっているのはわかります。
たとえば、蚊に刺されたとします。
蚊の唾液がはいったところで、
炎症が起きかゆくなります。
炎症反応があるよ、と脊髄で判断するものと、
脳まで行き、
目で蚊の位置を測定し、
手でたたでしょう。
一つ一つ動作を止めないし、
なんで、蚊を見つけることができるのか?
たたくときにバランスを崩し倒れないように左右の足の踏ん張りなど、
たたく手とは違う手足を動かさないように自然と制御します。

また内臓関係も実に不思議な反応が起こりやすいんです。
まぁ、わたしはマラソンはやりませんが、
運動すると便通が良くなることがあることは知っています。
マラソンが大好きな先生から聞いたんですが、
やっぱり走ると便意を催すことが良くある、というのです。
つまり、手足を動かすこと、
それから上下の振動で、大腸にかかる上下圧が、
腸の動きを活発にさせるんでしょう。
自律神経の働きは運動時には、
内臓の働きを抑制するように指令を出すんですけど、
反対になることもあるんです。

同じ体の一部、手も足も体幹も、内臓も。
つまり本当に治すためには、
痛い箇所だけいじっても変わらないことが多いということですね。

9月12日(火) 休診

こんにちは、いつもお世話になっています。

9月12日(火) 研修 のため

休診 させていただきます。

ご了承ください、日隈。
当院の前の県道、
ここにいま結構広い歩道もあるんですが、
車道に自転車専用レーンを確保する工事をするようなんです。
歩道を狭くしてガードレールを付けるのか?
よくわからないんですけどね。

歩道の幅を変えないとなると車道が狭くなり、
大型車両は通りづらくなります。
バスも通っていますから、どうなるんですかね?

今は、車道に
路側帯の白線があります。
まさかその幅で?

でもレーンだけ確保しても遮るものがないと、
結構安心はできないですよね、
自転車も軽車両だから車道を走りなさいといえど、
乗っている本人も自動車が怖いけど、
自動車を運転している人も怖いですよね。
自転車の追い越しをする時に十分に幅をとってからよけないと、
接触していなくてもバランスを崩されケガでも起こしたら、
それは自動車運転者の罪になりますからね。

一応工事期間は9月6日~9月末までのいつの日かということです。
ただ、見守るしかないんですがね。

健保組合の4分の1が解散か?
なんて記事を目にしました。

今すぐというわけではないけど、
2025年の予測でそのような声が上がっている状況らしい。
それだけ医療費が現実、
大変な状況になっているということです。

わたしは国保ですが、
健保が解散したら、
国保になるわけで、
国保もそこでもっと締め上げられる現状となると考えられます。

じゃぁ、何が得策なんだろう?
と考えると、やっぱり健康。
常に予防をすることが良いことだと考えます。
内臓血管系ももちろん筋肉です。
つまり運動機能を高めておけば、
免疫反応も維持できるし、
病気にかかりにくい、
ということにつながると考えています。

検査をしているから安心ではなく、
検査もして現在の体の状態を知り、
体の状態を維持する、
あるいはより健康にする、
ということを念頭に行動することが大事だと考えます。

普段の生活が、
動きが少ない、
そうであれば、
仕事以外の時は体を動かす、
柔軟するでも良し、
散歩するでも良し、
ジムに行くでも良し、
走るデマ良し、
なんでもいいんです。
ただ長時間同じ姿勢、
あるいは一日の通算で座り・腰掛が多いということであれば、
生活習慣の改善を試みてみる必要があるんです。

そして月に一度でも専門の医療機関でメンテナンスをされると良いでしょう。
人に調整されるのと、
自分で調整するのとでは、
桁外れに違いますからね。

いや~、
今朝は、いろいろと心配事の話が多い。
平和でいたいですね。

気を付けてください!

全く、今朝は困った事態になりました。
恐れていた、
北朝鮮からのミサイル発射。

Jアラートもなったそうですよね。

twitterでも多くの人が、
その、
Jアラートで送られてきたメッセージを上げてましたね。

ミサイル防衛、
パック3や
サード
等の配置を、どこどこに設置、
という報道をすることで、
その方位とは違ったところに打ち上げてやろうという、
気持ちになったのかもしれませんね。

まぁ、今のところ被害報告はないとされていますが、
注意しなければなりませんね。
頑丈な建物は近くにありませんけど、
警戒しなくちゃ。


肺が痛い、どうする?

先日飛び込みで来院された女性がいたんですが、
右半身がつらいとおっしゃるんです。
右半身がどうつらいのか?ときくと、
右肺が7年前に辛くなってCT検査を受け、
異常がなく、
その不安を抱えたまま生活していて、
今度は全身のCT,およびMRI 検査を2~3年前に受けに行ったのですが異常はない、
しかし、腰も、腸腰部も右側だけつらい、
座っていてもつらい。

でも、話を聞いていてもつらいだけで、
どんな時に強くなるのか、
あるいは軽くなるのか、
などといった症状の変化を感じ取っていないようなので、
7年前に比べて現在の症状はどうなっているのかと、
問うと、
症状は強くなっていると訴えます。
ただ、一番つらいと認識されているのは、
患者さんが訴える肺なんでしょうね。

ただ色々な治療院を巡られてきたようなんですが、
主訴をお伝えできていなかったんだと思います。

おそらくコリだということはわかっていたんですが、
自律神経のレベルも下がっているだろうと、
足からの全身整復を。

ただ、結局上肢の整復で、
彼女の訴える肺の痛みに到達でき症状の軽減が見られたのでその日は終了しました。

一応、前々からの症状を改善するために、
彼女自身努力もされていたようです、
ヨガに通われて体質改善を試みようとされていたそうです。
偶然職場の人からの紹介で来院されたんですけどね。

そして今日予約日だったんですけど、
ヨガの時間が変更になったので、
治療時間を変更?
でなくキャンセルしてほしいとの連絡をいただきました。
残念ですよね、
それでもその患者さんにはじっくりご自身の身体と向かい合ってよくなってほしいものです。



結局のところ肺の辛さは、
肩の凝り
からの前胸部の緊張によるもので、
前腕部のⅢ群神経のレベル低下が引き起こした現象でした。
内科の検査で異常がなく、
胸に違和感がある場合、
それに対応できる施術を行えます。
それらのことでお悩みの方はお早めにご相談ください。
そして治療期間は早期に回復をモットーに行っていますが、
継続し、
長年患っている場合は、一日おきで小さな神経のレベルを改善させなければいけません。
上水道のような遠心性の管の一部が詰まってしまえば、
途中の細い管へ分配される太めの管に圧が高まり、
下水道の管の一部が破損すれば、
大元の管まで流れは減衰し、汚物は染み出す。
つまり、神経であれば神経に炎症をもたらし、
求心情報が滞り、つまりこれがⅢ群、Ⅳ群の感覚神経で情報伝達が滞るので、
炎症や緊張を引き起こし痛みを作ってしまう。
さらに、この上下水道の一連の流れの障害も本流である川へ生じさせてしまいます。
たとえば、過剰なプランクトンの発生で青湖が発生したり浮草が大量に発生するようなことです。
川にあたるのが中枢で、脊髄だったり脳幹、大脳辺縁系などで、
川の流れも時間をおいて海へ流れだし、
海が汚れる、
つまり、中枢が機能しづらくなる、
そのとき体は様々な対応策をとりますが、
結局は痛みや辛さという感覚を発し体の危険を全身に発することになるのです。

分かりづらくなっちゃったかな。

足首の靭帯損傷

足首の靭帯損傷と耳にすると、
みんな、

「大変!」

って思うんですけど、

「足首を捻挫していますね」

って言われると、
なんだか大したことの無いような安堵感に包まれた顔をされます。

同じケガなのに・・・

今日もサッカーの大迫選手のことでスポーツニュースになっていましたが、
オーストラリア戦には間に合うぞ!
というお話。
確かに、もう、受傷後3週間でクラブチームの試合に復帰されているということですから、かなり改善されていると思います。
しかしどうでしょう?
選手生命を縮めても、
やっぱり強行出場してしまうのも、
プロ選手の性、
完治はされることなく試合に出場されるので、
後遺症は出ると思います。

それでも覚悟の上なんでしょうね。

因みに靭帯損傷とありますがどの程度かは不明ですよね、
手術をされたとか出ていないので、
完全固定して治る程度の部分断裂だったのかな?
と考えてます。

かなり前になりますが、
プロのオートレーサーが骨折で来院されたことがありました。
やっぱりその方も強行で固定をしないで、
レースに出たいというので、
責任を負えないので、
固定をしますが整形外科の先生に処置をしてもらって出場してください、
と伝えたことがあります。
翌日会場入りだったんで。

やっぱり体一つで仕事され、
スポンサーがついて、
となるとスポンサーさんに迷惑がかかるというのが休めない、
休む期間を短縮するという、
理由なんでしょうからね。

一般の方はちゃんと治療されてちゃんと治した方がいいですよ。
それでも早く良くなる方法で治療する(※個人の見解により変わります)
ひのくま整骨院でした。
もう、話題になっている、
なりすぎてるんじゃないの?
なんて感じて、
あまり野球を見ない私ですが、
どんなものか、
おそらく

YOU TUBE

に、上がっていると思い検索。

案の定、丁寧に編集してくれている、
菊池雄星選手の4月から現在の投球フォームを確認ができました。
素人も私には、
へ~、
あれってボークになるんだぁ、
感じてしまうんですが、
4月に比べると
徐々にリズムをつけるタイミングが長くなっているので、
投球動作に入ってから、
ためられ、
あれ?って感じちゃうんで、
厳重注意ということで、
反則投球、ボークになるということなんですね。

穴バウンドするようなタイミングの取り方、
おそらく、
軸足の疲労というものが、
タイミングの間を広げていると思われます。
つまり筋肉と神経の連絡不全が、
強く意識させて、
軸足の軸をそろえるという時間を生み出すようになってしまった。
おそらく、
臀筋の動きや、
腰に対して大腿部の筋肉の軌道がゆがみ、
股関節を大回りしなければならないようになってきている証なんだと思います。
リズムはしょうがないんですよね、
幼少のころからそんな感じで野球をしてきてしまったから。
ただ、これからの練習は、
バウンドしない投球動作ができるんであれば、
それを磨くことを重点的にしなければなりませんね。
それと、身体のケアが一番大切なんだと思いますね。
専属のトレーナーさんがしっかりとケアしてあげて欲しいと思いますね。

梨、いただきました (^_^)v

ありがたい、
本当に。

もう梨の季節なんですよね、
久喜市は、
梨の街なんだそうです。

いや、なんでもかもしれませんが・・・

さいたま市(旧大宮)から来るまで、
知らなかったんです。
農業が盛んな街だということを。

工業団地もあり、
結構、産業には力の入った街だったんです。
圏央道もそこへ開通し、
交通の便も便利になって、
もっと久喜市が栄えてくれるとうれしいなぁ。

農家さんなど産業系統で働かれている人たち、
体を酷使しますからね。
何か身体の不具合が出たときには、
お手伝いできればと考えているんですよ~。

ケガ以外でも、
運動不足の解消や、
便秘など、
運動不足に付随しておこる現象にも取り組んでいますから、
気になる方はいつでもご相談くださいね。

では、今日も私は晩御飯の後、
散歩に出かけます。

いきなり走り出す危険

ダイエットをしたくて、
ず~っと、運動から離れていた人が、
ランニングをすると、
膝や足首を痛める危険があります。

私個人の見解なんですけどね。

何事も体を慣らしていくということが重要となってきます。
つまり、
ランニングをして痩せたい、
ランニングをして体力をつけたい、
と考えている人は順を追って、

まず、ウォーキング:散歩
そして体を慣らしていき、両足の運びを確認し同じように足の回転ができていたら、その回転を速めてならす。

そして、ジョギング。
有酸素運動のジョギングでは、
絶対に気をつけなければいけないことがあって、
それは呼吸数を上げてはいけない
正常時と同じように呼吸をしていられる、会話ができるくらい、
なるべくからだは脱力、
というのを守って行う運動です。

ジョギングが慣れたら、
ランニング。

といった感じで体を慣らしていかないと、
傷めている人がたくさんいらっしゃいますよ。

床の上に寝る。

枕をタオルに変えてもうすぐ二月が過ぎようとしていますが、
仰向けに寝ると、
なんだか歯を食いしばるような力みが入ってしまう。
その為か、朝の目覚めが早い。
そうなると日中がつらくなるんだよなぁ。
睡魔が襲うんですよ。

久々にその早く目覚めたので、
絨毯の上で、
9枚重ねのタオルを枕に仰向けになる。
出っ張りのところが当たって痛い。(;´д`)トホホ

でも、もともと私たちの体は、
仰向けになった時、
床にあたる、
出っ張った部分は前方へ移動できるはずなんです、
関節があり、
縫合があり、
一枚の骨ではないのだから。
つまり、当たってしまうということは、
周りの筋肉が働いておらず、
関節のあそびがないということなんです。
とうことで、
1時間程度そのまま、
徐々に動き出すのを感じながら、
自分の気持ちも、
関節よ、緩め、
と言い聞かせているんと次第に痛みを感じるほど当たっていた部分も、
気にならなくなってきます。

つまり、夜就寝に適した寝具は、
せんべい布団ということになります。
無圧布団だのエアーウィーブ?だの
良いとされるお布団がありますが、
体を常に過保護にするよりは、
せんべい布団のような薄く、
硬さがダイレクトに伝わってくるような寝具で寝ている方が、
自分の体重によってほぐれる関節もあるということです。
ベッドもベッドマットをできれば沈まない、
沈みにくいマットをキープするようにした方が良いでしょう。
ベッドマットのないベッドの方がいいのかも。

いい寝具を使っている人が多いと思いますので、
時どき、
その寝具から外れて、
やってみてください。
就寝時でなくてもいいんです。
仕事から帰ってきて、
食事をした後でも。
ケガを起こすことなく安全に体のバランス調整できますよ。

シンプルなものほど奥が深い

先日、
参加させていただいたゴルフコンペ、
さんざんな結果に終わったんですが、
最下位になっても商品をもらえるという、
なんと素晴らしいコンペだったことか。

そこで頂いた2本のスティック。

TOUR STICK

というものなんですが、
それらの商品を提供していただいた、
Iさんが、
それをキャディーバックにさしとくだけでも、
こいつ、やるな!って思わせられますよ、っていうんです。
使い方はどうするのかと聞くと、
無限に練習方法に役立てられるというんです。
はじめは、
植物の添え木みたいなものじゃない?
なんて思っていたんですが、
ゴルフクラブの軌道、スイングプレインの練習も下が土だったら、
さしてつかうこともできる、って教えてくれるんですがイメージが付きません。
たまたま入っていた説明書に、
ホームページのURLが出ていたんで、
検索すると、
大腿想像つく練習方法しか載っていなくて・・・。

もしかして、
YOU TUBE
に、上がっているんじゃないの?
って検索。

すると、すごい数でいろんな練習方法が。
そう、シンプルということは、
考えればいろいろな使い方ができるんだということを思い知らされました。
もちろん、地面に突き刺したスティックの使い方も映像で見ることはできました。何を説明してくれているかは分かりませんが。
だって、海外の人が説明しているから。
英語分からないし・・・。

グーグルの翻訳アプリで翻訳させようかとも思いましたが、
聞き流して、何回も見て、
英語のニュアンスを慣れようかと思っています。

普段の生活の中でもシンプルなものありますよね、
自分がどれだけ発想力があるか?
これから、その発想力も磨きたい、
そう考える日隈でした。

バッグによる障害

「かばん」にもいろいろと種類がありますが、
リュックサックやショルダーバッグといったカバンには、
なんだか障害が付いてまわるみたいですね。

小学生の通学に使うランドセル、
意味があるように使っていますが、
教科書、参考書類が詰まって重いと、
姿勢の変化にも影響を与えると思われます。
ただ使用時間が短いので問題にはなっていませんが、
後に傾いてしまうようだと、
両肩関節と首に後ろに傾く程度の力を拮抗させるので、
姿勢変化を起こす子供もいるようです。

ただ、ランドセルの利点は、
両手がふさがらない、
後に転倒してもランドセルがクッションとなって、
大きなケガを防ぐことができるというもの。

つまり、ランドセルほど硬さがないものの、
背中にクッションと考えるとリュックサックは高機能なんです。
しかし、重さがちょっと多めだと、
前方へ傾斜させようとする力が、
首や肩の筋肉に緊張を持たせてしまい、
疲労痛を発症します。
首の側面を覆っている、胸鎖乳突筋が盛り上がっている人は、
普段丸くなっている姿勢の他、
上記の状態が続き過緊張を起こし障害を起こすと考えられます。

またショルダーバックは、
片側の肩にかけることが多いので、
かけられている肩と反対方向に引っ張られるので、
それに拮抗しようと首をカバンがかけられている方向に傾けるので
左右のバランスの崩れた疲労感により痛みを引き起こすことも、
非常に多いです。
その予防は頻繁に左右の肩へ交互にかけ替えることです。

便利なものも使い方を間違えると体を傷める原因になります。
せっかく便利なものなんですから、
上手に使いましょうね。
打撲は、
直接的な外力によって、
組織破壊されるものですよね。

だったらなぜ、
筋肉の働きを改善するような治療することで、
打撲の痛みも機能も改善されるのか、
疑問にもたれる方も多いでしょう。
治療されるのは、
患部じゃなかったりするわけですからね。
疑問というより、
本当は、
不安で不満だったりするんでしょう。
実際私が治療をしていても、
上手く説明ができませんでしたから。
でもよくよく復習をして、
解剖・生理の勉強をすると理解はできます。
ただ、なぜそういう復習を、
というか知識を今の治療をする時に教わらなかったのか?
怠慢だったんじゃないの?
なんて起こられてしまうかもしれません。

ただ、今やっている手技というのは、
これは知識があればできるものでもありません。
もともとの接骨の技術も、
私がお世話になっていた先生のもとで、
まじかに見させてもらい、
免許取得後には触らせてもらい体で覚えなくてはならないものでした。
つまり学問よりも、
まずは実践から身に着けることをしなければ、
マスターできない、
そういうものなのです、特に臨床は。

と、脱線してしまいましたが、
筋肉の長さの変化を察知する神経から中枢に伝達し、
中枢から、筋肉の収縮をさせて体を動かすために、
筋肉内の運動神経に伝達し筋肉を動かす、
一連の反射回路を整合することで、
皮膚や腱、関節包、靭帯、膜の痛覚・温覚の神経のシステムからの、
中枢への神経伝達を中枢の器官が末梢の筋肉を動かすように指令する、
運動神経伝達路も隣接するシステムであり、
切り離すことのできない神経ラインのため、
ともに整合されるのです。
打撲の場合、
出血を伴わないものから伴うものまで、
必ずと云っていいほど、
膜や軟部組織の緊張・収縮が起こっています。
もちろん浸出液も、血腫もたまっていることもあります。
これらは筋の働きが良くなれば代謝が向上し、
毛細管への流れ込み方も変化しますから、
ただ圧迫止血をしたり、
固定をして動かさないようにするよりも、
改善のスピードが早くなります。

こんな感じです。
マッサージ系統の事ではこれらも回路の整合をはかることはできません。
もちろん電療はもっとできません。
一昨日の雨でゴルフ場はぬかるみ、
とても足場が悪い中のラウンドで、
非常に疲れました。

まぁ、下手なんで、人より走り回り、
起伏の多いコースの両サイドの傾斜を昇り降りしないといけないということもあり、
疲れるんですけどね。
午前中は比較的涼しくはプレーできました。
でも、午後になるとやっぱり暑くなり、
熱中症になりそうになっていましたね、
飲み物を用意するのを忘れていたので。
途中、ドリンクを慌てて購入しましたよ。
皆さんも、
お出かけの際には飲みたくなったらすぐに飲めるように用意しておくと良いですよ、街中なら自販機やコンビニがすぐ見つかりますが。


とても有意義な時間を過ごせたことに感謝ですね、
楽しかったですから。

超音波

電療は嫌いだ!

とはいいつつも、
超音波だけは電療でも好きな部類。
皆が使いこなせていないということでも
自分的には好きなんです。

エコー検査と違って、
ウルトラサウンドは、
送ったきり、
反射をどうこうということはないのが、
エコーとの違い。

超音波って実はあったかくなるんですよ。
摩擦を起こしているわけでもない、
接触しているプローブのところが熱くなるわけではなく、
中がじわじわ熱くなってくる、
本当はそこまでしないと効果はないといってもいいでしょう。
実際使ってきて結果が出ていますから。
何も感じないなんてもってのほか。

ただ、機能的な問題がどう変わるかっていうことはわかりません、
だって、神経反射を整えているわけでもないですし、
関節軸を合わせているわけではありませんからね。
でも、おそらく筋腹内に滞ている老廃物を代謝してくれているんだと
いや拡散しているんでしょうね。

でもまぁ、一時的にでも軽くなるものはいいのかもしれません。
時どきプレ的に使いたいと思うときもあるんですが、
直接地肌にゲルを塗ってプローブを当てなければならないので、
それが一番のネックです。

肌の露出が多くなると問題になりますからね。

一過性の橈骨神経麻痺

最近はあまり体験しないんですが、
子供のころはよくなっていましたね。

経験のある方もたくさんいらっしゃると思うんですが、
どんなものかは想像できる方は少ないかもしれません。

一過性の橈骨神経麻痺が起こった代表的な場面は、
寝起き、目が覚めたときに手が動かない状態です。

動かそうとするんですが、
手首指が反応せず、
目覚ましの音を止められない、
肘も曲がらないので、
反対の手で止めるか、
私の場合は、顔というか顎で、
目覚まし時計のボタンを押していましたね。

ただ、時間の経過とともにしびれてきて、
指先が動けるようになってきて、
元に戻るというパターンの現象でした。

これこそ寝相で起きるんですけど、
子供の頃だったので、
橈骨神経の圧迫があっても、
解放すればすぐに回復したんだと思います。

しかし、これが大人になった今もし橈骨神経麻痺になってしまったら?
なんて考えると恐ろしい。
恐ろしいと感じるような体だからいけないんですけど、
もっと自分もストレッチをして体の柔軟の確保をしときなさいよ、
って指摘されてしまいます。

ただ、何人かいらっしゃいますよ、
朝起きたら手が動かなくて困ったしまっているんですといって、
来院される方も。
あるいは、他に医療機関をめぐってきて、
異常はないといわれて、
悩みぬいて、1~2か月経過してしまった、
でもどうしようもないので・・・
と、悩みぬかれてきてくれる方も。
話を聞いて、
施術して、こっちも頭をひねって、
結局傷病名を付けることはできないんですが、
一過性の橈骨神経麻痺だった、と。

大人になると生きてきた分の疲労がコリとなって、
筋肉の活動を低下させてしまいますから、
そのような姿勢での寝相になってしまうと、
長期的に患う一過性の橈骨神経麻痺を招いてしまうこともあるんです。

放っておいても治るかもしれませんが、
治らないで症状を悪化させるかもしれません。
もしもわからないで悩まれるんであれば、
早いこと治療をするべきだと思います。
今日、早く目覚めてしまったので、
早朝のTVを見ていたら、
片岡鶴太郎さんが離婚なさっていたという話が、
報道されていました。

先日の「桜井有吉のThe夜会」で片岡鶴太郎さんが出演されていて、
ヨガにはまっているということをやっていたので、
まさに鍛錬なんだというイメージを持ちました。

前からヨガのイメージはストレッチングみたいな、
ゆったりと呼吸法を教わり行うもの、
だったんですけど・・・

よく考えてみたらそんなことはないんですよね、
昔、ヨガの達人が、
口から布を入れてお尻から出すみたいな、
そして完封摩擦みたいなことができるみたいな、
恐ろしいうわさが出ていたくらい、
鍛錬の境地だということを思い出しました。

ヨガスクールで腹筋背筋など筋トレするところがあるそうなんですけど、
そうか、
鍛錬なんだから筋トレしちゃうよね、
って、自分の知識の
インプットをし直しました。

今日も、そのヨガを極めつつある、
片岡鶴太郎さんが、
フジTVのダウンタウンなうに出演しヨガについてもお話されるんだそうですよ。

あんなストイックな生活はできませんが、
腹囲の筋肉を使って、
内臓を動かせるようになりたいなぁ、
なんて思う日隈でした。

今日も元気に、
曇っているけど頑張りましょう。
(*^^)v
また聞きなんですけど、
肉離れや、アキレス腱断裂、
今朝ブログに書いた、
錦織選手が傷めた尺側手根伸筋腱の断裂など、
手術をしない方が良いそうなんです。
もちろん前から治りがその方が良いと思って、
私は治療をしてきました。

でもなんで、切らない方が良いのか?
癒着が起こるから?
いや、
そうじゃないらしい。
筋肉とは、筋線維の束で、
それを覆う筋膜がある。
牛や豚肉ではあまりわからないけど、
鶏肉ではその筋膜はよく見かけると思います。
あの薄い膜に覆われた筋肉が、複数の束になり、
脂肪層で覆われ皮膚で覆い一つの器官をなすわけです。
腕だったり、ふくらはぎだったり、モモだったり。
つまり皮膚を切り、
切れた筋線維や膜を見つけ出すと同時に、
断裂をしていても大きなずれや剥がれがない状態だったものを、
圧迫が無くなることにより、
余計に筋の付着部(起始停止部)に縮む力が働き、
断裂幅が広がるそうなんです。

直接見たわけじゃないので本当かどうかは、
分からないんですけどね。

でも理屈ではなんとなくわかります。

切らずに治るんなら切らない方が、
私はいいと思いますが、
運動選手などは、
試合に出られないと仕事が無くなって、
賞金をもらえる確率が無くなるから、
多くの人が切って、縫って、貼って治療されますよね。

本当の意味での完治にならなくても良ければ、
切ってもいいかもしれません。
でも、切れば癒着は起こってしまいますので、
その辺も考慮して判断なさってくださいね。

錦織選手、お大事に

錦織選手が手首の腱断裂で、
全米オープン出られないそうですね。

腱断裂なんて聞いたから、
選手生命断たれたな、
なんて思ってしまいました。
手術なんかすると、
癒着なんて起こったり、
今まで通りに近い動きには程遠くなると予想できるんで。

ここで、
保存療法として、
整形外科と整骨院、接骨院の違いとして
ギプス固定をするかしないかです。
実際、ギプスという石膏固定をすることはないんですけど、
熱可塑性樹脂、だったり
ガラス繊維を使ったキャストライトという固定材料を使われる、
整形外科が多いと思います。
そして、
シーネ(添え木)で固定をするか
全周を覆って固定するか
の違いがありますね。
因みに整形外科は医師が行うものですので、
シーネであっても、
全周を覆う固定であっても、
どちらでもOK、
でも柔道整復師が固定を施す場合は
シーネでなければならないと、
法律で定められているそうです。
つまり全周を覆った方が完全固定ができる、
と考えられます。
しかし、
シーネで固定をする利点は、
もちろん整骨院や接骨院では毎日の来院をしてもらうのが普通で、
その都度、固定を外し、
固定をされている部分を空気に触れさせることができます。
洗ったりはできませんが、
濡れタオルで拭いてあげることもできますし、
アルコールなんかで拭くことも可能です。
さらに、電療を施すこともできますね。
そして、施術終了時にはまた、再固定をすれば、
シーネと患部に、
ゆるみが生じることはないので、
より安定した固定ができると、わたしは考えています。
つまり、清潔感を保ちながら、
安定した固定ができるのが利点なんです。

ただ、シーネ固定だと結構簡単に、
解釈され
お風呂に入る時に外されてしまって、
そのままにされてしまうことがあるので、
これは欠点です、
説明をして注意をしても、
飲み込めない人も世の中にはいますからね。

今回の錦織選手の場合は、
完全に覆うタイプの固定をされるみたいですね。

部分断裂をしたものは、
安静でついてくれるだろうとは思います、
しかし、
この治療は、
それを招いた原因だったり、まわりの組織のゆがみは
どう対処するのかにも私は必要だと考えます。

今の私の治療方法は、
固定をしながら、
筋肉、関節の軸を調整し、
神経筋の連絡不全を解消をこころみるだろうな、
と考えています。

錦織選手を治療することはないんですけどね。
去年ぐらいから打ちっぱなし専門にゴルフの練習をしてきて、
今年に入って4回ほどラウンドしに行ってきたんですが、
その4回目のラウンド前に、
先輩の、ゴルフを勧めてくださった先生にレクチャーを受けたんですが、
肩や手首が痛くなってしまうんです。
その先生も、
フォームを変えたから、右手首が痛くなっちゃったんだ、
っていうんです。

そもそも、痛くなってしまうような体の使い方というのは、
自然じゃありませんよね。
いや、もちろん、
矯正をすることで、
正しいスタンスを確保できるようになり、
無理のかからない姿勢ができなければなりません。

そう、つまり、
矯正されれば痛みは出ないはず、
使いづらさは起こるかもしれませんが、
傷みは起こらないための訓練なんですからね。

そこで見返してみたんですが、
わたしのゴルフの教本は、
桑田真澄さんを兄に持つ、
桑田泉さん
彼が提唱するクォーター理論。
で、言っていたんです。

ゴルフは80歳90歳になってもできるスポーツだ、
言い換えれば、故障が出るような使い方をしているゴルフスイングは、
80歳90歳まで持つはずがないと。

どんなスポーツも長くまでやっていたいと考えれば、
体にとって無理がなく使える、
そんなフォームをマスターしなければならないんだ、と。
テニスだってスキーだって、ランニングだってあらゆる個人スポーツは、
自分の身体を資本にするわけだから、
使い方次第でどうとでもなるはずなんです。

結局、この間レクチャーされたフォームは、
良くない姿勢ということなんでしょうから、
わたしは右耳から左耳へと聞き流すようにしようかと考えています、
チャラチャッチャチャラッチャ~(^^♪
右から左へと・・・

皆さんも運動をしていく上で間違ってはいけないもの、
体を傷つけてまでフォーム、姿勢を変えること。
正しい体さばきでスポーツを楽しんでください。

ヘルニア


ヘルニアといって想像されるものは
椎間板ヘルニアですよね。

それも、
腰椎椎間板ヘルニアでしょう。

ヘルニア、
一応病名にはなっていますけど、
これって、
脱出を意味するラテン語なんですって。
つまり、腰椎の椎間板がとび出ていますよ、
椎間板がとび出しました、
と現象をあらわしているんですね。

脱出、つまり椎間板だけに当てはまるわけではありません、
脱腸、
これは鼠径部の筋膜から裂けてとび出してしまう現象です。
つまり、鼠経ヘルニアです。
脱肛、
これは、直腸ヘルニアで内痔核という病気、
やっぱり直腸の一部が外に飛び出してしまっているものですね。

つまり、ヘルニアとよく言われてしまいますが、
ヘルニアはいたるところで起こる現象の一つで、
腰椎、頸椎の椎間板ヘルニアを指すものではないということですね。

そして、
ヘルニアの手術をする時に、
ヘルニアになった経緯を、
修正しておかないと、
再発、あるいは二次的な腰痛症を引き起こす要因となります。
もちろん手術後退院されてから、
その機能修繕をされても良いと思います。
ただ、
手術されてからのリハビリがとても重要だと考えています。

予防に勝る治療なし

それと生活習慣の改善、
これが重要ですね、
今迄と同じような生活環境だと脱出するリスクは変わらないわけですからね。その改善ができないあるいはしたくないという方は、
ぜひ、メンテナンスに月に一度継続されて療養することをお勧めします。

8月16日から平常通りです

すみませんでした。

m(_ _)m

今日まで、盆休みを頂いていました。

明日から平常通り行います。

それといった枕を購入したわけではないんです。
今使っている枕はバスタオル。
高さの調節ができるのがすごくいいんです。
私は今まで、
どんな高さの枕でもいいですよと、
教えてきましたが、
実際に変えてみて思うに高さが決まっていると、
体にも優しい、
ということ。
そして高い枕でもなく低い枕でもない体に適したものを使った方が良いことに今気が付きました。

先日何気なく、
バスタオルの折りたたみ方を変えてしまっていたのです。
つまり、バスタオル12枚の高さになってしまいました。
わたしの丁度良いとされる高さは、
9枚でした。
つまり3枚ほど高いのです。
眠るときは少し高いけどまぁいいかと思い、
目が覚めると、首や肩が痛くなっているのです。
たったあれしきの高さの違いで、
こんなにも変化が出るんだと。
さらに、
わたしは睡眠時、いびきをかいてしまうのですが、
枕が高い時の方がよりいびきをかいているようで、
のどの変化も現れました。
高めの枕を使っていたとき、
寝づらい、と感じていたのですがその時、
咽頭(喉ちんこ)が落ち、のどの閉塞を良く感じたものでした。
つまり、
上部頸椎周囲の筋肉が緊張し、
かつ、頚部前屈の形をとってしまうことから、
気道が閉塞されやすくなるということなのです。
睡眠時無呼吸症候群の人もおそらく
頚部の緊張が強く、
下顎から舌骨にかけての緊張の強い(顎とのどのくびれが少なくなっている)と思われます。

横向きで寝る時の枕の高さなんて気にしなくていいんです。
横向きになる時は長時間横向きでなられるわけではないだろうし...
決めつけはよくありませんね。
ただ、寝ている間は寝返りを打ちます。
結局不安定な横向きでは長時間いられません。
とくに、バスタオルの高さぐらいでは。
だから、すぐに仰向けになるかあるいはうつ伏せになるか、
そんなうつ伏せで寝る時だって、
枕が高いと首を横に向けようが左右どちらかの伸展割合が強くなってしまうため、顎をゆがませたり、首の筋違いを起こさせたりしてしまいます。

試しに枕を変えてみてはいかがですか?

私の結果は、すこぶる良い感じです。

こむら返り

最近、水難事故が多いですよね。
海や川で遊ぶ際には、
気を付けて遊んでくださいね。

決して一人ではいかないように心がけてほしいですね、
たとえ釣りに出かけるにしても、
波にのまれるということもあるようですから。

そんな水難事故にならなくても、
海や川で遊ぶとき、
急に深くなっていたりした時や、
滑りそうになって踏ん張ったりする時、
良く足がつりませんか。

目いっぱい足を伸ばそうとしたときに、
ふくらはぎの「下腿三頭筋」や「長母指屈筋」「長趾屈筋」が、
過緊張を起こしてしまいます。

とくに、筋肉の柔軟性がない時に、
脳からの指令で伸ばせ!と継続的に送られていると、
筋肉が痙攣をおこすんです。
これが「つる」という現象です。


夜というか、
明け方良くこむら返りをして傷めたといわれる人がいます。
寝てるのに何で?
と感じる人がいるかもしれませんが、
人は寝ている間色々動くんです。
そのとき、
夢の中で爪先を伸ばさなきゃいけない状況があるんだと思います。
夢を見ている状態というのは、
半分脳が覚醒している状態ですので、
それなりの神経伝達が継続的になされるんだと思います。
完全に覚醒し目が覚めている時には、
そういうのを回避することもできるんですけどね。
そして、筋肉の痙攣をおこし、
最悪、肉離れに至るわけですね。

これはやはり柔軟性の確保できている筋肉ならば、
痙攣をおこす確率が減ります。
ないといってもいいぐらい。


何が言いたいかというと、
食事も問題でもなく、
冷えの問題でもなく、
筋肉が活動するためにふさわしい環境下にあるかということです。
ふさわしくないからつってしまう、
働けない状態だから、熱の運搬ができず、熱の生産も行えないのです。

お前はストレッチしかないのかといわれそうですけど、
動物の運動の基本でしょうからね。
私は自然を手本にしています、
犬や猫、他の動物たちも見てください、
必ず動き出しには伸びているでしょう?

変形性膝関節症

私が修業し始めたころは、
変性膝関節症を
老人性膝関節症みたいに表現するお医者さんがいましたね。
今でも、歳だからしょうがないんですよ、
って言われてしまうことも多いみたいです。
それから、体重、
そんなに太っていないんじゃないかと思われる人にさえ、
痩せなきゃだめですよ、
なんて言われた、って
傷ついている人もいましたね。

確かに自分の身体に必要以上に脂肪がついていると、
それは重くて何らかの障害というか違和感を実感できるかもしれません。
ただその場合は、一年間に急激に太った場合、
徐々に積み上げてきたものに関しては、
それにつられて筋肉も鍛えられていきます。
だって、重りを付けて運動しているようになるんだから。
でも、そんな人が標準体重にまで減量できると、
確かに痛かった、
と感じる膝の痛みが消えたりもします。
もちろん、消えない人がいるから、
私たちが治療して治すんです。

治療して治すといってはならないといわれるかもしれませんが、
実際に痛みはなくなって動けるようになるのは事実。
もっと、膝が外を向いてO脚だった角度が矯正されているなんてことも、
当たり前のように人の体は諦めたらそこまで何ですが、
希望もって自身も治療に取り組めば治るんです。

変形性膝関節症も初めからチクチク痛んだりすることはないんです、
段階を踏んで、
靭帯を緊張させて安定を図ろうとしたときに、
皮下だったり、靭帯、関節包だったりの緊張で
身を守ろうとするわけですが、
その膝の許容でき売る運動量を超えたときに、
痛みを放散して動かせなくしてしまうんです。

つまり何をしなければならないかというと、
大腿四頭筋をトレーニングするなんてもってのほかで、
大腿四頭筋と大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の整合性を持たせなければならないのです。
そして、その伸筋である大腿四頭筋と、
屈筋である、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の
拮抗運動あるいは協調運動をスムースに執り行えるようにすると、
痛みというものは発さなくてよくなるんです。

それにはやはり特別な専門療法で治療するしかないんです。

これは歳は関係ありません、
必ず、結果がついてくるんです。
若い人でも今は変形性膝関節症に悩まされています、
まぁ、それだけ繊細になってしまったんですけどね、人間が。
たくましくありたいものです。

氷の上手な使い方 (3)

圧迫止血された箇所の組織は、
直接氷で圧迫止血されているのだから、
熱を奪われます。
そうなると組織が死滅してしまいますから、
素早く、
大量の血液を注ぎ込み、
熱を放出するのを抑えるのです。

組織が損傷すると血液が必要になります。
だから出血すると考えられるんですが、
大量の血液が注ぎ込まれる組織から、
その周りの組織の修復が行われ始めます。

つまり、このアイシングには、
ただ、冷やす
ではなく、
体が修復する働きに補助をする、
効率化をあげ、
しっかりと止血を行えるという、
理論に基づいた方法なのです。

氷は上手に使って、
障害の予防に役立ててくださいね。

氷の上手な使い方 (2)

氷は完全に水に戻るまでの間の温度が、
0度で変わりません。

また、私たちの体は恒温動物であるため、
平熱より上がったり下回ったりしないように、
平熱という一定の温度で保たれています。

つまりアイシングをした際に、
0度の氷を直接皮膚に宛がうことで、
熱を奪われないように必死に熱を送り込みます。
つまりは血液を送り込むのです。

さらに圧迫させますから、
ケガをした時の基本で、
圧迫止血という方法で出血を止めます。
つまり、ケガを起こした後や、
運動直後は毛細管が損傷し出血するのですが、
圧迫をすることで出血を止めることができるのです。

このアイシングのすごいことが大体お分かりになったと思います。

氷の上手な使い方 (1)

ケガをしたらアイシング、
運動を終えたらアイシング、
熱を出したらアイシング、
アイシングはどうするのが効率良いの?

そう疑問を持たれ質問されることがあります。

私が教わってきたアイシング方法でこれはなるほど、納得、
とされるアイシング方法は

「ダブルアイシング」

どんな方法かというと、
氷を直接当てがって、
圧迫する方法。

つまり、氷嚢となるものを二つ以上用意する。
この氷嚢のつくり方は、
ビニル袋に氷だけを入れて、
空気を抜いて口を閉める。

この二つの氷嚢を筋腹を挟むように、
圧迫して宛がい、
10分~15分放置する方法です。

中には凍傷するといわれる人もいますが、
一般的な人なら凍傷する心配はありません。
氷に塩とかかけなければ。
というわけなんだが、
痛みをすべて怖がる必要もない。

逆に痛みを感じても動かさなければならないと、
そう解釈する症例もあるからだ。

たとえば、
肩こり、肩関節周囲炎(慢性)、などはその部類と考える。

では一般的にはなんで痛みが出るんだろうと考える。
炎症をしていなくても痛みは出るんだ。
二日酔いがいい例である。
アセトアルデヒドに分解されるアルコール、
飲みすぎるとこいつがいたずらして痛みを出すと思われがちだが、アセトアルデヒドに対する免疫反応はおこらないんだそうである。
しかし、痛みが出るのはなんでだろう?
と、考えた末に出た答えが、
筋のコリによるもの、
と、内臓器下垂による、
幽門部の開きが生じて、
時に、胃酸が逆流したことによる、
その周囲の緊張から生まれる危険信号が二日酔いの痛みになるんだと想定される。
これは私の自論なんで、医学文献上に乗っているものではない。

ただ、捻挫や打撲などといったケガには必ずと云っていいほど、痛みを発する。
もちろん免疫反応による炎症もあるでしょう、
でもその前に、
組織の保護をするために、
緊張を起こします。
漫画で骨折した人を表現するのに、
ぶらぶらの手足をかかれることがあり、
皆さんの多くは骨折をするとブラブラになってしまうと考えられてしまっています。
でも実際は、筋肉や靭帯があり、
折れるときはその間が折れるので逆に筋肉が収縮して、
ブラブラになることがありません。
おそらくこの時に発する痛みというものは、
それ以上の損傷が起きないようにするための、
筋肉や腱、靭帯の緊張によって保護しようとしたときに起こる痛みなんだと考えられる。
そして数秒の間に出血が起こり、圧迫性による痛みが起こるわけだが、この時は、組織を修復するために血液を多量に集めるので、皮下の出血が多くなり皮膚や神秘といった結合織の緊張から、
痛みを発し動かさないように警告をしているんだと思う。
捻挫も打撲も同様に、
組織破壊が起こるとそれを修復しようと出血を起こすが、
その前に二次損傷を起こさぬように靭帯や結合織の緊張をして、
かつ、痛みを発し動かさぬよう警告を発信しているのである。

つまりは、痛みは悪いものではないということです。
ただ、痛みがあるということは辛いですから、
早く体を安定させる必要があるわけで、
その為に、
捻挫や骨折、脱臼でずれてしまった関節を
整復する
というわけです。で、じっさい、整復した後腫れも痛みも格段に減ります。
安定しましたよということなんですね。

今まで書いてきた痛みはかなりつらいものだから聞き逃すことはないんですが、
軽い手首の痛みやひざの痛み、足首、腰、肩などなど、軽く感じていても我慢していたらそのうち痛みが感じなくなると思っている人がいます。
それは間違いマンです。
体に何か変化が起きています。
それを予防するために、
日ごろから体の調整を心掛ける必要があるんですよ。
そな先ず第一歩がストレッチング。
ちょっとした痛みの場合の症状は大抵、筋腱、結合織の過緊張だったりが多いです。
ストレッチとは伸ばすという意味の言葉です。
~ingが付いた言葉
つまり現在進行形で伸ばしていますよ、
という言葉こそストレッチング。

ストレッチングで大事なのが、
静止時間を必ず確保するということ。
反動をつけてしまっては、
少し非効率なことが起こってしまう。
反動の付け方にもやり方があり、
最大伸長されたものを変えないようにしてさらに伸ばす方向に、
力を加える、という方法です。
これならば、効率の良いストレッチングにプラスの要素が加わるかもしれません。
ただ、難しいですよね。
それからストレッチというのに、
腹筋、背筋など、
鍛えるように動かされる指導を受けていることがありますが、
それはストレッチングではありません。

では何が究極のストレッチングなのでしょうか。

そう、固有受容性神経筋促通法、
いわゆるPNFをベースとした
神経筋整復法これこそが究極のストレッチングであると考えています。
師匠からはストレッチングじゃないといわれてしまうんですけどね。
関節筋肉腱の最大伸展位あるいは屈曲位を確保したところから、
その筋肉の筋線維を伸ばす刺激を加えてあげることで、
Ⅰa群感覚神経線維Ⅱ群感覚神経線維から伸ばされた、あるいは縮まされたと脊髄へ信号が送られ、
伸ばされた筋線維と縮められた筋線維のバランスを取ろうと、
脊髄からα運動ニューロンとγ運動ニューロンに指令がおくられ、
筋線維の変化に伴い、
腱紡錘の1b群感覚神経線維がⅠa群感覚神経線維のバランスをとり、
自然な筋肉の伸長を得ることができるのです。
つまり筋肉をストレッチングしようとすれば、
神経筋整復法は、
自ずと神経反射弓(反射回路)の調整をしてしまうわけです。

一人でするストレッチングよりも、
誰かに補助してもらってするストレッチングよりも、
一般的に行われているPNFよりも、
無理がなく心地よく筋肉が活性されるストレッチング、
究極呼ばずしてなんととらえる?
なんて自画自賛みたいですね。

久々に診た、オスグッド

オスグット、

めちゃ久しぶりに治療しました。

じつに、オスグットという症例は治りが早いものの一つ。

ごく一般的には、

2~3年放置すれば治るとされているそうです。
(実際は痛みがとれないことの方が多いんだけど)

スポーツをやりたい年頃の子に多発する現象です。

成長痛なんて名前がついているから、
身長の良く伸びる子は、
成長痛のオスグットはなるんだという迷信が飛び交ってます。

原因はオーバーワーク。

等張筋が等尺筋の働きを兼ねてしまうことから、
オーバーワークして、
筋痙攣(ぞくに言うコリ、正式には筋と腱の閾値低下)を起こして、
膝蓋靭帯付着部が脛骨粗面にあり、
たまたまそこが骨端線のあるところで、
膝蓋靭帯の牽引によっておこる炎症。
場合によって、免疫反応により石灰沈着を起こすか、
骨端線に牽引刺激が加わることにより、
骨変形を起こす。

つまりは閾値低下を起こした筋肉の
閾値の回復をしないと
オスグットという症状は治らないわけです。

Ⅲ群神経の緊張もあり、
膝を振れただけで痛みがメチャメチャ感じてしまうのも、
全ての原因は、
ハムストリングスの閾値低下と
大腿四頭筋の閾値低下から派生しているので、
この機能が戻れば元通りに運動を再開できるようになるんです。

何週間、何か月と休んでもとれない痛みは、
医学文献上その閾値が回復するのは2~3年、
何週間何か月休んでもとれないのは当たりまえ、
4年たっても5年たってもとれないこともあるのは、
神経学の観点からの原因をとってないからなんだと思います。

楽天ペイでの決算が可能に

先日から楽天ペイでの決済が可能になり、

楽天エディ

Suicaなどといった交通電子系マネー

で便利になりました。

お会計の際にお申し出ください。

ただ、残念事に

apple payと
QUICPay
iD
は使えません。

クレジットカード決済は変わらずすべてのカードに対応しています。

タバコの代替品

以前は私もタバコを愛煙していたんですが、
今の家に住むことになって辞めました。

タバコに変わる製品が昔はそんなになかったです、
あるといえば、
禁煙パイポ
あんまりタバコっぽくなくて、
あれでは満足しない人たちがたくさんいましたよね。
逆にあれからタバコを覚える若人もいて、
あまり良い商品ではなかったように思います。

で、最近は
歩きたばこの規制が出始めてから、
町中の喫煙スポットも減少して、
愛煙家の人たちが、
住みづらい環境になって来てしまいましたね。

わたしは、ありがたいんですけど。

そこで最近まで話題になっていたのが、
アイコス、
燃やさないでタバコの成分を抽出しようと考えたんでしょうね。
ただ、今はもっといろいろ電子タバコが増えたようです。
先輩の先生は愛煙家(医療関係者でいまだに愛煙家というのはどうかと思うんですけど)で、初めて見る電子タバコを吸引されてました。
まぁ、その電子タバコも、
ニコチンだけで、タールはないそうですが。
他にも気になったので、
最近はどんなものがあるんだろうとみてみたら、
ニコチン、タール、無
というのが出てきているそうです。
要は禁煙パイポと同じです。
ただ、タバコのにおいを吸い込むんだそうです。

で、アメリカでは電子タバコの普及で、
禁煙率が上がっているそうなんです。

そもそも、
禁煙しようと考えて、
電子タバコに変更できるくらいなら、
初めから強い意志を持って禁煙すればいいのに、
と思ってしまうんですけど、
それでも愛煙家の割合が減ってくれることには大賛成。

だって考えてみてください、
焚火のときに、
煙吸い込んで気持ちのいいもんじゃないでしょう?
わざわざ、
口から直接肺に取り入れるんだから、
そりゃ健康を害してあたりまえ。
呪術なんかで、
煙をかけたりするそんな風習から生まれたのかもしれませんけどね。

無理してストレスをためる必要はありませんが、
何かきっかけがあったら、
喫煙されている方は禁煙に踏み出してみるといいですよ。
よく聞かれるんですよね、
東洋医学をしているのが、
整骨院、整骨院、鍼灸院、指圧按摩院は
東洋医学ですよね、って。

実際に東洋医学で施術されているのは、
鍼灸指圧按摩で経絡に沿った経脈、経穴に刺激を加える、
陽圧治療に加え、最近耳にし始めた、
整膚、これも経脈経穴に刺激を入れていくんですが、
陰圧を加える施術療法です。
そして、日本独自に伝承されてきた、
活法術の一部を掻い摘んで研究伝承されてきた、
接骨学などがあります。
他にも、アーユルベーダ―とか、
タイ古式マッサージ、
台湾式の足つぼ、
ヨーガもその一つかもしれません。

ひのくま整骨院は、接骨学はもちろんします。
しかし、
今の治療体系はPNFを主体とした、
神経筋整復法。
そもそも、PNFはオーストラリアの民間療法。
ポリオという小児の神経麻痺の患者さんのリハビリから生まれ、
それをアメリカに、
その先生を呼んで、
世に広めていった、という経緯で
筋肉の神経反射弓(反射回路)の整合という目的のために研究されてきた療法。
歴史から言えばまだ浅い治療方法です。
だからツボが~~とかいわれても、
ツボを刺激していませんからわかりません。

それに経絡を勉強していません。
ちょっと触った程度の先生たちが、
合谷、曲池、百会などなど
言いますが、
その症状に合った経脈に沿った穴を刺激しない限り
ハッキリ言って変わりません。

でも、結果は東洋であれ西洋であれ答えは一つ、
治れば良いんです。
電器やマッサージ、鍼灸指圧、カイロプラクティックで変わらない人、試してみる価値はありますよ。
ぜひお電話ください。

あしくびのケガ

捻挫が代表的なケガですよね。
捻挫にしろ、
骨折にしろ、
脱臼にしろ、
挫傷(肉離れ、アキレス腱断裂)にしろ、
体の防御によっておこるものです。

今朝寝起き前の夢の中で、
捻挫のことについて考えていました。

例えば、バスケットボールプレー中なんかにはよくある事なんですが、
他人の足の上に、
ジャンプ後に着地してしまい転倒する。
この時に捻って傷めたという、
捻挫だったり骨折だったりとある。

この現象について考えていたんだけど、
人の体を分解していったとき、
筋肉と骨、皮がある。
で、この筋肉、
分解していくと骨に着くあたりに、
腱があり、
その繊維の中には腱紡錘というものが存在する。
でもこれはまだ、置いておいて、
筋肉の筋腹に当たる部分の分解をしていくと、
1本の運動神経が支配する筋線維数をまとめたものを運動単位と呼ぶんですが、
この運動単位の中に筋紡錘と筋線維があって、
筋線維に感覚を検知する1a群線維、Ⅱ群線維(感覚神経)があって、
筋線維が伸ばされたとき
中枢に知らせる。
筋線維を収縮して、
伸ばされた分を戻さなければならないと。
この時に関節を曲げるときに働く、屈筋と
伸ばす時に働く、伸筋に分けられますが、
屈筋側が収縮するときには、
伸筋側は緩めなければならない。
それを察知するのが1b群線維(感覚神経)、
腱紡錘なのです。
つねに筋紡錘と腱紡錘は均衡を保つようにバランスをとっています。
そしてそれを筋の収縮に変えるように支配しているのが、
筋線維を支配するのがα運動ニューロンで
筋紡錘の両端に多く分布するのがγ運動ニューロン。
筋線維の収縮にあわせて筋紡錘の収縮を調節し、
つねにバランスを取ろうとするのです。

つまり、
人の足のような障害物に、
ふいに乗っかってしまった場合、
もう片方の脚の筋肉や靭帯などが急激な変化が起こり、
とっさに体の不安定さを整えようと、
足首から上のヒザ、
股関節、
骨盤、
反対側の股関節、
反対側のヒザ
反対側の足首、
反対側の肩、腕、手首、
体幹、
同側の肩、腕、手首、
そして、
首、
あたまは中枢として一番大切なところだから、
それを保護する一番安全な形で、
各々の筋肉や関節がバランスをとり、
結果として一番緩んでいる靭帯を損傷を起こして、
捻挫する。
Ⅲ群線維(感覚神経)が働いてそこの人体に保護するような緊張が起こった場合、
骨のつくりで弱いところが折れる。

と、とらえる方が納得いくような気がしたんです。

捻挫した足をいつも見て、
どんなふうに転んだのかを聞いても、
ハッキリ言って覚えていないですよね。
とっさに体がいくつもの仕事をこなしているんだから。

低周波治療器

昨日今日と涼しいですね。
過ごしやすくて、
いい一日になりそうです。

いつも気になることがあります、
電器治療器で筋肉が緩む?ということ。

この低周波は、
他とは違って、
立体動態波で体の中の筋肉を緩めることができるんですよ、
って、医療機器販売の営業さんが説明し、
それを施術家が体感して緩んでいるかいないかの確認もとれずに、
受け売り文句で、
患者さんに説明するんですよね。

どうして緩むの?

自分がやっている時なんかは、
緩んだことは無かった、
逆に電気を強めて、
矩形波の電気を間欠的に流したり、
幾つかの周波の電気を流し
なんだか揉んでくれているように筋肉を緊張させる。
これで、緩むのか?

微弱電流にしたって、
実際のところどうなんだ?
って頭をひねる。

ただ、超音波、近赤外線治療器に関しては、
超音波が、
奥の筋肉を、
すごい速さで振動させるわけだから、
熱は発生しうると思う。
実際にそれがどうやって痛みを除去していたかまでは分からなかったけど、
強めに設定して、
骨で反射しないようにして、
熱いといわれるまで静止に近いくらいの動きで、
ゆっくり超音波を流すと痛みの引きは抜群に良かった。
電器治療器の中でだけど。
近赤外線治療器も
熱いといわれるまで照射して、
なるべくやけどをしないように全身の反応を観察しながら、
これも結果はかなり良かった。
ただあっためることによって、
何が筋肉を緩ますのか、
なんてことまで医療機器の営業さんでもわからない。
そんな説明を受けたことがない。

だから、
電気治療に関して疑問をず~っともっている。

低周波を当てることで、
筋肉が硬くなるということは
理論上分かります。
筋の収縮力が強く、
痙攣した状態になり、
筋膜から筋線維を破壊して、
修復しての繰り返しを行っていると、
筋肉内に出血が起こり、
時に免疫反応によって、
マクロファージが排泄する産物として、
カルシウム合成物を落としていき
骨化性筋炎という病気を引き起こしてしまうのであります。

電器をかけることで治ってしまうものは別に考える必要ないのですが、
なんだか治る見込みがないんじゃないかと不安に思っているなら、
思い切って低周波を止めるように進言するのもよいと思います。

久しぶりのしとしと雨

仕事場はエアコンつけていますが、
家に帰ったら、
今日はエアコンなしでも過ごせそう、
寝る時だけは、
除湿したいけど。

やっぱり、
25度から26度の気候はすごしやすい。

そこまでは気温は下がらないけど、
27~28度くらいじゃない、
今日の温度はね。

体温から11度低いくらいが快適温度なんだそうですよ。
平熱の高い人は、
それを目安に設定温度にすると、
快適に過ごせますが、
時どきは汗も流しましょうね。
せっかくの備わった冷却機能を、
ほったらかしにするのはもったいないのと、
やっぱり、
何かと体に負担がかかるみたいです。

私たちの体は怠け者ですから、
便利になれば、
それに頼りっきり。
すると、
進化ではなく、
退化します。
そこにストレスを感じ、
変わった病気を引き起こします。
つまり感覚器と運動器のバランスが崩れてしまうんです。
何日か同じような生活を続けるとなれるのは、
ストレスを感じていることを、
ストレスであるがために機能停止するんです。
つまり退化につながるわけですね。
ただ、
記憶は退化していないので、
前と同じようにできると思って動かすと、
結局ケガをするというわけですね。

だから便利はいいんですけど、
時どき、
不便なことに体を使う必要もあるんです。
ページトップへ
〒346-0012
埼玉県久喜市栗原2-2-7
TEL:0480-31-7775
Copyright(C) HINOKUMA.All rights reserved.