埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿いにあります、ひのくま整骨院です。予約制なのでお待たせいたしません。

お問い合わせ
料金に関して
電話番号
予約優先 お急ぎの方もOK
カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER

ひのくま整骨院

埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿い
保険診療・交通事故診療・駐車場有

カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER
予約優先 お急ぎの方もOK
営業時間:8:30~20:00
0480-31-7775

BLOG・NEWS

2016年8月アーカイブ

台風にお気を付けくださいね

関東上陸はなくなりましたが、東北北海道地域の人たち、
東北上陸ははじめてみたいですね。

そういえば、自分が幼くもないけど、
小学生のころからよく台風の情報を聴くようにしていたころは、
よく、東北近郊でいつも温帯性低気圧に変わりましたと見聞きしたように思います。

田んぼなどののどかな風景が続くような環境では、台風の勢力が弱まるようなことは少ないように感じます。
それから、お米が心配ですね。
おいしい野菜、米、非常に多い産業ですものね。
できたら海で消えてなくなればいいのにな、台風。

災害被害が少ないことを願います。

台風の被害、身体の痛み!

こんにちは (^O^)

今日は蒸すけどいつもよりも涼しい感じですね。
台風の影響で湿度が高いんでしょうね、
なんだか、めちゃめちゃ強い台風だそうで少し不安。
こんな強い台風は体に影響出ちゃう人は出るかもしれませんね。

影響出ちゃう人、
とは、ちゃんと身体のバランスがとれていない人のことなんですが、
筋肉のバランスが取れてくると、
体液や皮膚と他の軟部組織や内臓器のバランスもとれやすくなります。
崩れてしまって何の処置もできていないような人は、
膨張しても問題ないところと緊張状態にあって膨張できないところが出てしまうので、
膨張しても問題ないところの端の部分がひっぱられて
傷むという感じになりますね。

例えば風船を軽くふくらましたところへ、
セロテープを貼り、
再度膨らますと、
セロテープのところだけ伸びないので、
セロテープを貼っているところと、そうでないところとの差が生じて
パーン!
と、割れてしまいますよね。

人の体は中から膨らますことはできませんが、外気の陰圧により膨張することがあります。
そして、割れることはほぼありませんが、痛みを出して危険を知らせます。

そんなつらいことを起こさないようにするためにも、
身体のバランス、筋肉と神経の連絡不全を解消するようにして
これからの台風の季節に備えましょうね。

身体の動きを知りましょう!

おはようございます。

今日も元気に頑張りましょう!
暑いけど・・・

ストレッチング、結構気持ちイイ!とか楽しい!などと思ってやる方はよいのですけど、
いやいや、やる方が多いと思います。
必要に迫られてやる、などといった場合結構形だけ重要視してされると思うんですが、
それが、いやでもできるようになって来たら、
次のステップに移りましょう。

ゆっくりとか、呼吸を吐きながらとか、関係なく普段通りの呼吸をしてもらって、
左右同じように使うようにする!

どういうことか、というと、右も左も同じように動きにくくなるわけではありません。
だから動きやすい方の動き方を、動きにくい側もまねるのです。
たとえば、開脚の前屈で左が倒しやすかったとします。
骨盤は地についていることを感じながら、
まず、左に倒す時の背骨の倒れ方を感じるのです。
もちろん背骨はひねりながら全部の背骨の関節がうまいこと曲がっていかなければなりませんが、
からだの硬い人なんかは、曲げやすいといってもそう全部が動くとは限りません。
ただ、同じように右も使うようにしていきます。
この時に漠然と曲げようとすると同じようには曲げられません。
初めの段階でひねりが入るのであれば同じくらいの角度で捻りながら曲げていく、
そうでない場合もありますのでそれは自分の体で判断してください。

バランスをよく使うことが一番良いのです。

でもそう気にしながらストレッチングを行うということは、
関節を曲げる筋肉と、関節を伸ばす筋肉の協調性を整えていくことができてきます。
そして、頭もフルに回転しますので、
もちろん早い段階での認知症予防につながると思います。

ステップアップしたストレッチングをぜひ取り入れていってください。
おはようございます。

最近始めたゴルフ、私の教本は「桑田泉プロのクォーター理論」なんですが、
その中で、クラブヘッドのフェイス(顔、面)は野球のバットや直接ボールに触れるバレーボール、サッカーとは違ってL字に曲がっているので、自分自身の手の使い方に注意をしなければならないというニュアンスで説明しているんです。

さらに、たまたまyoutubeで見つけた、武井壮さんの運動理論をっている番組で自分自身のパーツの使い方を思うように動かせたらと思って小学生のころからトレーニングしているという考えに共感しました。

そして、これらは同じようなことを言っているのだなと感じました。
どんな、スポーツでもそういう考えの下で、訓練をすると手足、体幹をうまく連携しながら、軸を感じながら、そしてそこから使う道具に神経が通っているかのような手足の感覚を磨いていくことができると。

日常でもこの理論をもとに、仕事や、散歩、自動車の運転をしてみるともっとスムーズな運動ができるんだろうと考えられます。
それははじめは疲れるかもしれません。
でも肉体的には疲れないし、自分の体に合ったきれいな所作が見につき、
外観は美しくなると思いますし、

やっぱり頭が良くなります。

もちろん認知症予防につながるはずです。

片足立ちが良いなどと聞きますし、指導もします。

でもただ、まっすぐ両足立ちするのも結構難しいものなんですよ。
ぜひ、体のパーツを意識しながら使っていってみてください。
(;^ω^) おはようございます
朝から暑いですね、これぞ夏です。
朝の明るさより、暑さで目が覚めてしまいました。
今日は4時半に目覚めて寝付けずに、
エアコンを入れて録画した番組を見て、
いつもの時間から掃除などの朝活を始めました。

昨日のホンマでっかTVで、エアコンのこといってましたね~
若い人は体力があるからいいのかもしれませんが、
年配の方や、幼い子たちは、
一日エアコンを25~26度設定で過ごされた方が良い、
寝る時もエアコンをかけた状態で、
しっかり、布団をかぶり、休んだ方が疲れが取れます、って。

確かにそうかもしれませんね、
暑く寝苦しいと、夜中に頻繁に目を覚まし、
熟睡はできませんものね。(*´Д`)

それから、お風呂も、注意されていたなぁ。
40~41度の湯船に汗をかき、長時間使るのはただ疲れるだけで
疲労はとれずに、体力をすり減らすそうです。

それから、水分補給、
こまめに取りましょう!
と、標語みたいになっていますが、
飲みたい時にだけ飲むので良いそうですよ。
年配の方があまり外にもいかず、
エアコンをかけずにいると
汗も出ないうえに、体の中の体温だけが上がってきてしまい、
湿度が高いために汗による冷却ができずに、
熱がとてもこもりやすくなり
熱中症になる、と。

だからいえることは、体にいいからこれをしなさいと、博士などがメディアを通して訴えますが、
からだが欲しいと思うものを摂取して、
からだ動きたいように生活することが一番長生きの秘訣なのかもしれませんよ。

私は薬を使わない医学に憧れ、切る事や取る事を前提とした医学とははなれた
今の診療体系に誇りを持っています。


スポーツけん玉の障害

こんにちは

最近ブームになっている「けん玉」
これの障害も結構あるようなので・・・

まず挙げられるのは、
腱鞘炎、「もし亀(もしもしカメよ~、カメさんよ~のリズムで行う技)」
みたいに鉛筆持ちのような格好で長いこと把握していると、
ときに腱鞘炎を引き起こします。
手首の姿勢の問題が大きいのですけど。

次に遠位橈尺関節、手首の捻挫、
関節炎といった方が良いのかもしれませんが、
橈骨と尺骨の2本をつなぐバンドがずれる障害ですね。
手首をねじる動作に加え、いつも長いことけん玉の本体を握っているとそのような障害が生じることが多いですね。
普通は関節を整復して、
3週間から4週間の固定が必要になる障害です。最近は固定をしない先生が増えましたが、
固定を避けていると普通の治療や施術では、必ずと云っていいほど後遺障害が発生しています。
後々を考えて、高度専門療法を受けられるか、
整復をして固定をされることをお勧めします。
固定の場合は固定後拘縮が存在するはずですので、
必ず固定除去後も施術を受けられどの角度に曲げても捻っても痛くないようにしておきましょうね。
当、ひのくま整骨院で施術を受けてくださる場合は、
固定はしません、その分高度専門療法を施術します。

そして、さらなる障害は、
半月板障害、
ヒザの屈伸を多用するためにヒザの障害は付き物です。
半月板の障害が最終段階だと考えられるため、
その前段階で、大腿二頭筋炎、鵞足炎、膝蓋腱炎、関節水腫などがあげられますが、
疲労の蓄積から現れると考えられます。

わたしも小学生の頃にけん玉はやっていましたが、
今はやっているようなスポーツけん玉といわれるようなハードなけん玉でなくとも、
傷める人がいましたから、
流行っているけん玉は、やっぱり練習をたくさん積まないと技が出せないでしょうから、
その分障害を作りやすいです。

楽しみながら、時々ケアにいらしてくださいね。
ひどい障害になる前にね。
でも、もし、痛くなってしまったら早めに電話くださいね。

スポーツの練習の提案です。

おはようございます。

昨日は先輩の先生と打ちっぱなしで、
体の使い方で少し学んだことがありました。

だから、昨日の練習は収穫がかなりありましたね。

運動するときなんかは特に、
からだがどうなっているかを研究すると、
パフォーマンスが上がりますよ。

ゴルフの場合、
先端(クラブヘッド)の重さを感じながら、
スイングするとよいというのですが、
ゆっくり過ぎても、
早すぎても、
どちらも感じることができないのがわかりました。

もしかすると、
柔道の引付なんかもがむしゃらに自分に引き寄せるよりも
タイミングやスピードをワンテンポ遅らせた方が、
良かったのかもしれません。
あ、中高と柔道やっていたんですが、
なんちゃって初段どまりだったので・・・。

野球の投球や、
サッカーのシュート、パスキックなんかも
がむしゃらにキックをするよりも
落ち着いてひざ下を柔らかく使ってキックする方が
自然で正確なキックになると思うんです。
それができることを前提とされた人たちがプロなんでしょうね。

必ず投げたり、蹴ったり、振ったりする競技は
遠心力を感じながら、
引っ張りの張力を感じながらプレーしなければならないのでしょう。

どんな動きにせよ私たちの体は、
関節がありますのでてこの働きを感じつつ動くものです。

これからは、一呼吸を置いて
タイミングをあわせて運動してみては?
提案です。
ページトップへ
〒346-0012
埼玉県久喜市栗原2-2-7
TEL:0480-31-7775
Copyright(C) HINOKUMA.All rights reserved.