埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿いにあります、ひのくま整骨院です。予約制なのでお待たせいたしません。

お問い合わせ
料金に関して
電話番号
予約優先 お急ぎの方もOK
カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER

ひのくま整骨院

埼玉県久喜市の久喜幸手県道沿い
保険診療・交通事故診療・駐車場有

カード利用可能 JCB MasterCard AMEX VISA DinersClub DISCOVER
予約優先 お急ぎの方もOK
営業時間:8:30~20:00
0480-31-7775

BLOG・NEWS

2015年12月アーカイブ

頚椎症

おはようございます  (*´▽`*)

今日は寒さが少しだけ穏やかなのか?でも日差しがないと寒い感じがしますよね。

さて、頚椎症と診断され来院される方が数多くいらっしゃるのですが、

その中でもちょっと特殊なケースをご紹介します。

インソールをつくられ長期間それを着用しているがために起こる首の痛みを「頚椎症」と診断されてしまうケースです。

当院ではCW療法という「読脳法」という筋反射検査をもって骨の動きのない角度を探り刺激を与えることを行うことがあるのです、そのとき軽い刺激なので関節自体が動くわけではないのですが刺激を加えることで動き出すということがあります。

これは脳に信号を送っているわけですが、その中で重量バランス軸を調整するために距骨という骨をもって必要な角度に動かすのです。実際は動かないのですが・・・

でもそれで体を傾けなくても身体のひずみは解消されます。

そんな軽い刺激で体が足の先から頭のてっぺんまで瞬時に変わるものを、人工物を常にあてがい段差の中で生活すればおのずと体が、心も歪んでしまうのは当たり前で首が痛いからと言って検査をしたところで検査で問題がないので痛がっているのは首だし、傷病名を付けなくてはならないので「頚椎症」という結果が下されるのです。

身体の節々に障害が出て、いろいろ悩んでいて最終的にそのような状態となってきますからインソールを造られた先生が一番信用してしまっているようなのです。何人もいます、そのような考えが。結局一つの暗示にかかってしまっているわけです。インソールを合わすと自分だけのものだから悪くなるはずがないと。

しかし、そんなわけがあるはずがないと思います。わたしは羞恥心や体裁というものがなければ野生の動物たちのように、裸が一番健康に良いと考えています。もちろん靴を履かない方が良いのです、あえてはくのなら一番のおすすめは日本人ならなじみ深い雪駄や下駄、女性なら草履です。鼻緒のついた履物がよく裸足や足袋で履かれるのが一番!

でも結局靴や服を着なければならないので、それだったら余計なインソールなどを付けず、
靴に足を合わせられる体になる必要があると思います。そしてこのケースの頚椎症を治す一番の治療ではないでしょうか、と考えています。

当院では体を物に合わせられるような体作りをモットーに施術しています。

もしも悩まれているならご相談くださいね。

背中の痛みを出さないために

こんにちは

腰の痛み・背中の痛み、痺れを出しにくくする体つくりを心がけましょう。

実際のところ何をすればよいのか?というとやっぱり柔軟、ストレッチング。

何度も言われるとウザい!って言われることがあります。

でも、人だけが伸ばす動作が嫌いになっているようですよ、犬猫は目が覚めると必ず伸びるでしょう?

動き始めに伸びるというのは生物なら基本なんです。

さらに体幹のもっとも動きづらい場所が肋骨のある胸の部分です。

基本的には動きがなくてもよいというような文献が存在しますが、
一つの骨でできている部位ではないので、動かなければならない、と考えます。

肋骨周囲が柔らかくなると呼吸もしやすくなりますし、下垂している臓器が自然と引き上げられます。

「食う」に関してはあれやこれや言いますが、「遊ぶ」に関して論じられる量は少ないように思います。「遊ぶ」の動の部分は全身をくまなく使うよう私は指導すべきだと思います。

さて、肋骨を動かすためにはまず万歳の姿勢でしょうね。ゆっくり万歳して3度ほど繰り返して、今度は側屈3~5回。それがすんだら大きく体をひねる運動5回ずつ繰り返して

とりあえずこのぐらいの動きを日に3セット以上しましょうね。

こんばんは (^◇^)

風が強くなってきましたね、ただ暖かい風なんですが・・・。

ただ今日は「花金」(ってか、もう言わない、って注意されそう)

忘年会のシーズンだし、た~くさんお酒なんか呑まれるのでは?

結構飲みすぎた後、「寝違い」をよく起こしますよね。

なんでかっていうと、酔っぱらったまま床に就きどんな寝相で寝ているかもわからず、さらに変なポジションに頭を枕に乗せたまま何時間も動かない、あるいはお酒を飲んだ後交感神経が昂りますから、熟睡ができないうえに枕の位置が合わないと過緊張させてしまい翌日痛みで目が覚める、といった具合。

これは、頸椎ネンザなんですが

本来の寝違いは斜角筋症候群でやっぱり寝相なんですが、どちらかの腕を下にしたまま長時間寝ることによりわきの下を通る太い神経を圧迫しておこる現象なんです。わきの下の圧迫でなく腕の外側面を通る橈骨神経への圧迫が強ければ、皆さんの中には経験があると思いますが腕全体がしびれて感覚がマヒしてしまうという現象が現れやすくなります。

ま、なんにせよ日ごろから体を柔軟に保っておくとこういった障害は出にくいです。だから毎日のストレッチングを欠かさずやりましょうね。

もし、痛みが出てしまったらお早めに処置をしてくださいね。首が曲がらなくなってしまいますよ。

それでは、忘年会の方々楽しんできてくださいね。(^O^)
肩甲骨の周りの痛みと一言で言ってもさまざまな原因があります。

もちろん最近の生活環境や仕事環境から椅子に座って、それも長時間、疲れて生じるもの。
これも、肩のコリや首のコリからくるもの、それから、目の疲れから脳神経の働きを下げて、脳神経の一つの副神経の伝達力低下を起こし筋肉に痙攣(コリ)をつくるもの、首肩の問題じゃなくて背骨を支える脊柱起立筋群のなかでも胸長肋筋や頚長肋筋のコリからのものと軽く見立ててこんなにあるわけです。でも、背中の痛み、肩甲骨周りの痛みとして一言で言い表します。

ただし痺れが出るものは非常に少ないと思います。痺れがあると訴えられてくる人はだいたい腕だったり腰から足にかけてと表現されますね。その痺れが出ている症状まで来るとかなりの割合でこじれていることが多いので施術経過も長引いてしまいます。それでも、進行性の障害ですからわたしは放置せず早めに医療機関に治療へ行くべきだと考えます。

どこへ通ったらよいかわからない、そんな時は一度ご相談ください。
当院へ通うことができなくてもなるべく最寄りの筋整復院へのご紹介ができると思います。




ページトップへ
〒346-0012
埼玉県久喜市栗原2-2-7
TEL:0480-31-7775
Copyright(C) HINOKUMA.All rights reserved.