2017年09月 一覧

肩コリ予防に、首・肩のストレッチング

そんなに難しいことするわけじゃないのですが、痛みが出てると痛い方向に傾けた使い方をしてしまっています。 ストレッチングも痛いので、三日坊主になるパターンが多いですね。 そもそも、ストレッチングは何のために指導すると思いますか? 痛みを...

床の上に寝そべって、脊椎矯正。

今朝久々に4時半過ぎにトイレに行きたくなり目が覚めた。 ついでに、ベッドから降りて床に仰向けで寝そべる。 時々、このように、 床の上に直に、あるいは絨毯の上、薄い敷き布団の上で寝ることは体にとって良い行動だと思ってます。 体を冷やすとか、あ...

華やかに見せようとすると、筋肉が付く

マッチョな体になるためには、高い負荷をかけながら、最大筋力を引き出すようにして、筋線維を傷つけ、その修復によって筋線維を太くする、そんなトレーニングが必要になります。でも、華やなかにみえる体系は、ムキムキの筋肉は必要ありませんよね。いつのオ...

骨盤を後屈できない人

からだの前屈、後屈をスムースにできない人がいます。前屈は得意で後屈は苦手、逆に前屈は苦手で後屈は得意という人、これらは、深腰と反り腰の体系の違いからも起こりやすいですのですが、その他にも何か違いがあるようです。それは何かというと体が傾いてい...

テニス肘と野球肘

スポーツの秋ですね~、でも、この3連休は天気がよろしくないということです、ですから、残念な人もたくさんいると思います。さて、テニス肘と、野球肘正式名称ではないんですが、よく耳にしますよね。因みにテニスをしていなくてもテニス肘という総称で診察...

歩き方、正しくできていますか?

健康予防で大事なのは、体を負担なく上手に使うことにあると思います。一応、私たち人間は動物ですからね、筋肉や関節は動くために存在する組織であり器官なんですからね。ということで、耳にタコというほどストレッチングをしてくださいね、とお伝えしてきて...

靭帯損傷と捻挫

呼び名が違うだけ、これだけでイメージって変わりますね。あ、私は変わらないんだけど・・・捻って傷めることの経過を傷病名としたものが、「捻挫」受傷してしまってからの結果が、「靭帯損傷」なんでしょうね。脱臼は、結果骨折も、結果挫傷は、経過打撲も、...

ケガとスポーツは隣りあわせ

激しくないスポーツといえば、私が知る限り「ビリヤード」くらいなもの。とても激しいことをする格闘技だって、スポーツでケガは当然ですよね。それを知ってやっているんだからスゴイ!としか言いようがありませんね。先日はプロレスラーの高山選手が、頚髄の...

歩く、走る、で注意点

歩くで注意することは、踵からついてではなく、足の裏を後ろの人に見せるイメージで踵を上げる。ただ、慣れてきたら思いっきり上げる必要もないんですが、初めのうちは、足首を返す(伸ばす)ために踵を上げて体を前に送り出す形を、習慣化する必要があります...

モーメントアーム性腰痛症

草取り作業が続いて、気が付いたら、あ、痛いまぁ、軽いし、1週間ぐらいで全快、なんて考えていたら、もうどうしようもないくらい痛みが・・・。医療機関に行くも、ぎっくり腰だね、安静にしていてくださいね、と、指示を仰ぐも、寝られない、寝返り打てない...

トップへ戻る