熱中症に気を付けていきましょうね

先日来院されている患者さんから聞いた話なんですが、

このシーズン、

100キロマラソンが所どころで、開催され始めるんだそうですよ。

走るのが苦手な私には、

これから夏に向けて熱くなるのに、

マラソンよりも長い距離走る、100キロマラソンなんだ?

と思うわけですよ。

ただでさえ長距離を走る時に、

走りなれていないと体内に熱がこもりやすい、

つまり汗腺がそこまで発達できていない、

そんな人たちが多いのに、

汗の蒸発がしにくくなる、

最近の湿度と温度の異常に耐えきれないと思うんです。

普段から走りなれていればそのような機能は、

鍛えられるんでしょうけどね。

あ、そう考えると、

あながちスパルタでやってきた、

むかしのスパルタクラブ活動は悪いことではなかったりするんですよね。

水を飲むな!

ってやってきましたもんね。

特に私は柔道部なので、体育館という、窓を開けても風が通り抜けず、

分厚い長そでの柔道着を羽織り、

汗の臭いに絶えてやってきた、

結構今となっては良い体作りになったと思います。

最近プロに転向された、

川内優輝さん、

この方なんかは、

しょっちゅう大会に参加されているので、

マラソンに特化した汗腺を鍛えられてきていると思います。

因みに汗の機能は、

体内にこもった熱を放出する、

冷却機です。

軽い運動から汗をにじますことをしてならして、

徐々に運動量を上げていくと、

熱中症予防につながると思いますよ。

汗腺の機能が衰えている方が、

いくら水を多めに飲んでも、

熱のこもりは解消しません。

トップへ戻る