腰が痛くなった時の立ち上がり方

こんにちは~ (^◇^)

腰が痛くなった時にまず立ち上がり方に苦戦すると思うんです。

そこで、

まず、布団から起き上がる時の注意点として、

仰向けのまま起き上がらない!

必ず横を向き、あるいはうつ伏せになるまで体位を変換し、

それから体を起こしましょう。

また、痛いからといってこわごわと時間をかけながら動かしてしまうことは、

痛み増強につながるので、

開き直って気持ち早めに。

そして、立ち上がる際には腰かけた状態からでも、

床に座った状態からでも、

まず前に体を倒す反動を使って全身を伸び上げるようにしましょう。

よく明石家さんまさんが、

ぎっくり腰になったら治す方法が・・・・・・、

といって、体をのけぞらすといっていますが、

あながち間違っていません。

つまり反動をつけてその反動を利用して全身で無理な緊張をかけないで、

体を起こすということです。

この場合体幹だけで起き上がっているのではなく、

脚から力が入るので腰にかかる力の負担は減るんです。

自然体ではそうしているんです。

痛みが出ると自然に構え、かばってしまうから、

いらない抵抗をかけて痛みを継続させてしまうわけです。

そもそも自分自身の力で自分の身体を動かすだけならば、

故障を起こすことはありません、

更に傷めているので絶対無理はしません。

ゆっくりゆっくり起き上がることで時間を費やし痛みを感じているのであれば瞬間的に痛みを感じ終えて立ち上がってしまった方が良いと思うんです。

力を抜くことが肝になるんですけどね。

もし苦しんでいるんでしたらやってみてください。

トップへ戻る