変形性膝関節症

こんにちは ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

青空が気持ちいい!

暑いかもしれないけど、

晴天の方が気分爽快!

でも、痛みがあると、

憂鬱ですよね。

変形性関節症が痛いのはわかりますが、

変形そのものが悪いことなのか、

気にされたことありますか?

変形するのは、

生活していく中で効率よく機能するように変化した結果です。

つまり生体の防御なんですね。

ただ、周りの軟部組織が機能しづらくなってしまって、

そのために変形してしまったものは、

よくありません。

しかし、ちょっとずつ育った変形は、

手術して削らない限り早期に形が戻ることはありません。

形に重点を置くならば。

時間をかけてできた変形は時間をかけて戻ることもできるはずですし、

関節のもともとの機能は損なわれていないはずです。

つまり、軟部組織の働きが調整されれば、

本来の機能を取り戻すことは可能だと考えられます。

それが戻れば、

形がどうあれ、軟部組織の緊張が解け、

痛みを出す心配がなくなるはずです。

そう考えていくと変形は悪い変化ではないけど、

周りの組織がそうせざるを得ない状況にしてしまっているので、

それがなくせれば、

変形があっても痛みを出す心配はなくなるものなんですよ、ってことで悩んでいる方は先ず筋組織の調整をしてもらってくださいね。

トップへ戻る