下肢虚血病変の予防

動脈の詰まりで、

体調を崩される方、

大変だと思います、

自分は体験したことはないので、

その大変さはわからないんですけど・・・・・・。

ただ、その病気に至るまでには、

ある程度の時間がかかっているんです。

つまり、早いうちから予防ができる、

ということにつながると考えています、

私は。

虚血性の病変は、下肢に限ったことではないのですが

先ほど足首の可動域の重要性のブログを綴ったので、

下肢虚血病変の話になってます。

他人の力で動脈をぷにぷに動かすことはできないので、

筋肉の働きを調整してあげれば、

必ず血液による酸素や、栄養が必要になるので、

自然と血流量が上がるはず、

だから、繰り返し施術し、徐々に調整されてくれば、

危うそうな血管も、

整ってくると考えます。

壁が崩れて詰まるという心配は少ないんじゃないかな、

と思うんです。

気になる方はお電話してきてくださいね。

m(_ _)m

トップへ戻る