椎間関節症

特に腰椎の椎間関節症の人、

沢山悩んでいますね。
まず何か注意をするとすれば、
じっとしていないこと。
仕事柄、
デスクワークで、
椅子に腰かけて、
長い時間、
同じ体勢でいること多いですよね。
その習慣を一工夫で変えてみる。
例えば、
トイレや、
飲み物を自分で取りに行く回数を増やす。
同じ姿勢が続くと人間集中力が落ちるそうです。
つまり伸びをするとかなにかと体を動かす方が仕事効率が、
上がるんですよ。
集中しだすとやり遂げたくなる気持ちもわかるんですけどね。
でも、
椎間関節症でとまっていれば、
まだいいのですが、
椎間板ヘルニアに移行してしまったら、
それはもう仕事が手につかなくなることも・・・
それとおうちに帰ってきたら、
ストレッチングで
特に膝の抱え込みの運動と、
体幹をねじる運動と
片膝でもいいし両膝でもいいですけど、
膝を立てて左右に倒す。
片膝の場合は内側に倒す運動もするといいですね。
本当は治療に来て、
椎間板の内圧を下げるような操作を加えてあげると良いのですが、
みんながみんな来れるわけではないようですので。
ただ、あまり様子を見る時間を作りすぎない方が良いことも確か!
早く療養し始めた方が、
施術にかかる期間も短縮できますね。
トップへ戻る