新年あけましておめでとうございます

2018年も、どうぞよろしくお願いします。

1月の2日3日は「箱根駅伝」をTVにて観戦していました。
優勝した、「青山学院大学」強かったですね、
往路優勝の東洋大学が5区で勢いさえ落ちなければ、
なんて考えてしまっている、
私がいました、別に母校でも何でもないのに・・・。
私の母校の母体の大東文化大学は頑張っていましたけど、
途中繰り上げスタートになってしまって、残念でした。
今朝も日テレでは優勝された青学のインタビューをしていましたね。
昨日話題になっていたそうなんですが、
俳優の「和田正人」さんのつぶやいたツイート、
駒澤大学の7区の選手の走りに、
「20年くらい前から、突如として長距離界に蔓延し始めた、片脚の力が抜ける例のヤツかもしれない。未だ原因も治療法も不明。有名選手だと早稲田大学出身の竹澤選手が、これを原因に引退している。実は私も大学2年で発症。未だ抜けるような違和感がある。」
https://twitter.com/daaaaaawaaaaaa?lang=ja 引用

とこうです。

おそらく私が考えるに、
腰の運動機能の低下、
つまり骨盤周囲筋と脊柱起立筋の連絡不全、
腹斜筋腹横筋、起立筋、寛骨三頭筋の協調性がそれぞれの筋肉の閾値の低下、
つまりコリを発生させて、筋電位の異常を起こすために、
正常な協調並びに拮抗運動ができなくなってしまったときに、
力が抜けてしまうんだと思われます。
日ごろからのケアが少し足らなかったのかもしれません。
それ以上に、トレーニングの方法や速く走るためのフォームが昔と比べ変わったことと、
靴の性能が上がりすぎた事でもそういった変化が起きているのかもしれませんね。

細かな筋肉なので、結構安易にみられがちなんですが、
大切な筋肉ですからね。



それから、足の親指の付け根が痛くなり、
やはり原因不明だといわれていた、というどこの大学だったか忘れてしまったんですが、
これもやはり筋疲労の障害ですね。
以前、神奈川大学の駅伝選手が当院へ来てくれた時に、
やっぱりどこへ行っても原因がわからず、
治療はするものの治らず、練習を続けられなく苦しんでいた「親指の付け根の痛み」という症状がありました。
たまたま帰省していて、高校生だったか中学生だったか忘れてしまったんですが、一度来てくれたことがあった患者さんが関節の整復と、筋肉の調整をすることで、また走れるようになったと喜んで帰られました。
彼はもう箱根のスタメンは外されてしまっていたので、他の種目で頑張るといっていたんですがあまり陸上競技を見ることもないので今はどんな活躍されているのかはわからないんですけどね。




いろいろな原因不明とされるものも、
実は見落としがちな筋肉の機能不全が問題だったりすることが多いんです。
早め早めに処置をしないとこじれてなかなか問題が見つからなかったりします。
機械には映らないものですからね。



新たな一年を迎えるにあたり、
体の気になることがありましたら、
お早めにお電話ください。


では本年もどうぞよろしくお願いいたします。
トップへ戻る