外脛骨

運動の活発な子供さんは、

かなりの割合で、

痛みを発する、

「有痛性外脛骨」

外脛骨を持ってます。

もちろん外脛骨がない人のほうが多いんですよ。

ただ、

外脛骨が、

痛みを発しているか、発していないかを比べた時に、

運動が活発な子に多いということです。

外脛骨自体にはいたみはないはずなんです。

骨に神経は通っていませんから。

ただ、それに靴などが擦れて、

炎症を起こすわけです。

そもそも外脛骨が起こる足の使い方をしているのが、私は原因だと考えます。

大抵の外脛骨を持っている人は、

かかとの骨が、

スネに対して外に向いてねじれています。

そうすると、

膝や股関節にはやっぱりねじれが生じます。

そうすると親指で蹴る力が強くなり、

もっと膝から下のねじれが加速するかのごとく、

変化してしまいます。

そこで、

外脛骨となる前に何らかのアクションが、

体から発せられていたと思うんですが、

我慢しておそらく炎症し、

その副産物が堆積して外脛骨を作ってしまったんだと考察できます。

できてしまった骨はしょうが無いので、

足の運びを訓練するのと、

歪んだ関節、筋肉、神経の連絡不全の調整をする必要があります。

それが整ってくればもしかしたら、

外脛骨もなくなるかもしれません。

お早めに連絡下さいね。

トップへ戻る