局所の冷え性

昨日の風は凄かったですね、

東北、北海道は嵐になってしまったようですけど、

大丈夫ですか。

今朝はカラッと晴れて、

うちの周りは寒いんですけど、

車は凍っていなかったです。

もしかしたら、

少し暖かな感じだったのかな?

あるいは、

風が昨日強かったから乾燥して、

塵に空いて気が付かずに凍らなかったのかわかりませんけどね。

さて、昨日、診えた患者さんなんですが、

片側のふくらはぎの外側が冷たい、

と、悩んでおられました。

自分で左右の同じ場所の温度を比較しても、

大差がある訳でもなく、

わからないから、

温かな服を購入されたそうです。

その主訴をふまえ、

足を触ってみると、

硬いんです。

硬さの例えはコリの硬さ。

つまり筋肉の痙攣、

医学的な検知から言うと、

長指屈筋の閾値低下。

および、下腿三頭筋の閾値低下。

この、筋肉が活動しやすい体の形に戻してあげれば、血液は嫌がおうにも流れなければならず、

熱量は上がり、

自ずと温かくなるわけです。

この状態を正す方法は、

おそらく何通りもあるんだと思います、

しかし、

私は知っている方法も少ない中で、

神経筋整復方が一番として施術しているのでこれで、

修正しやすいきっかけを導きます。

冷え性は筋肉の働きを改善しなければ治ることはないと考えています。私が冷え性だったので、間違いありません。

トップへ戻る