無事、iPhone復活

バッテリー問題で騒がれていますが、

アップルショップか、新宿のau までもっていかないと、即日交換して持って帰れない、
そんな不便なことはやっていられない、
ということで、
恐る恐る、
交換してみました。
色々なメーカー(聞いたことの無いメーカー)が、互換性のあるバッテリーというものを製造しているみたいですが、ほぼ、中国か韓国。
少しそういった面で信用性が薄いのですが、
新しい機種に変更するでもなく、
専門店で交換するのでもない場合、
そのリスクを買わなければならないですね。
Amazonで購入、あんまり安すぎないようなものにしましたが、
封を開けてみるとやっぱり、日本製では考えられないような雑さが目立ちます。
まぁ、よく考えたら、
iPhoneは中国で作っているわけだから、
少々雑なつくりなんですね。
不安を持ちつつ、
オープン、しようとしましたが、
かなり難しい。
というより力が入りづらい。
周りに両面テープで封がしてあるんです。
だから開けづらいのなんの。
開いたところに、薄いものをかまして、
少しづつ、ぺりぺりと。
両面テープは、3Ⅿのが良いかもしれません。
剥がせる両面テープ。
バッテリーを本体に貼り付けてある両面テープを外す時に切れてしまい、
強引にバッテリをはがす羽目にあいましたからね。
本当にうまくできて良かったです。
約1時間かけてしまいました。
今は充電中で、熱は発していないのでおそらく問題はないのでしょう。
そう、iPhone5のときに無償で電池交換してもらったとき、
カタカタ音が鳴っていたのは両面テープで貼れていなかったからなんでしょうね。
いつの日か、いきなりシャッタダウンしてしまいましたから。
今後何事もありませんように。
トップへ戻る