捻挫

ケガをしたら本当に早めにちゃんと正常な位置に戻してもらうことが必要です。

最近とくに感じるのが、
私、左の膝から下かなり外にねじれているんです。
というのも、
ある療法のセミナー中に大転倒し、
足首をおもいっきり捻挫してしまったのです。
幸い、大量の出血はなかったのですが、
関節のずれが強く起きてしまっていたので、翌朝足を着けないという事態になりました。
誰にも助けを呼べなかったので、
自分で強引に整復したつもりだったのですが、
力加減をしてしまい、正常な位置には戻せていなかったようです。
さらに足を着かなければ痛くなかったのでけがをした日はそのまま寝てしまったことにも問題があったのでしょう。
おそらく中途半端にでも整復ができたのは、靭帯にゆるみを作ってしまったからです。
いつもの治療を頼めることもなく、
いや、頼んだのですが、
大丈夫だよ、自己治療で治せるよといわれ、
はぐらかされてしまいました。
今思えばあの時しっかり治療してもらいことさえできていれば、
と後悔しています。
どんな状態でもケガをしたらすぐに、
医療機関に行きしっかりとした治療を受けねば、
後遺症が残ります。
その時点で痛みは引くかもしれませんが、
後日、何年後、何十年後に大きくなって復活します。
結構皆さんは捻挫を簡単に考えがちなんですが、
一番後遺症が多いのが、
捻挫ですからね。
しっかりと関節位置を戻し、
筋肉の緊張を正常化し、
普段通りに体を使えるように、いやそれ以上に使えるようにしておく必要があります。
早め早めの対処に、心がけましょう。
ちなみに、年期が足ったケガや症状も安心してください。
適切な処置をし、
適切な療養をすれば、
治りますよ。
トップへ戻る