歩き方

皆さん色々な歩き方去れていますよね。

綺麗な歩き方の人は、
参考にしたいと思います。
でも、特徴のある歩き方の人も参考にしたいと考えます。
何でか?
日常生活動作からほとんどの機能障害や痛みを作っているからです。
あの歩き方は、
何をかばっているから。
たとえば、
今日出先で、
私の前を歩く男性が、足先はそんなに開いてもいないのですが、
膝が外を向きながら着地し、
腰が落ちる感じで歩かれていました。
おそらく、
膝の屈筋群の筋性疲労と大内転筋および寛骨三頭筋の過緊張から、
腰痛をかばう歩き方となっていたのでしょう。
また、来院されている患者様でも、
歩き方の指導をするんですがなかなかうまくできず、
右の股関節を中心に歩かれる独特の足の運びをされています。
実際に私も、
まねて体験。
すると分かる事ってあるんですよね。
あえて、反対の股関節も中心として、
身体を左右に揺さぶるようにして上半身で8の字を書くようなイメージを持ってもらうんです。
早速実践!
頭ではこんなに揺らして大丈夫なんですかというんですが、
秦から見ると、揺れておらず、
骨盤を上手に使えているではありませんか。
正常な人がすると揺れます、
でも、傷めていたりする期間が長ければ長いほど、
普通通りに歩く姿を忘れ、
かばった歩き方が普通になるのです。
これは歩き方にだけいえることではないのですが、
普段の動作で一番体感しやすいのが歩く動作だと思うのでかいてます。
頭のイメージ払しょくするために、
開き直って大げさに、
反対の動きをしてみよう、と。
意外といい動きになるんですよ。
あ、でもこれは指導の下でね。
自分では結構間違うので。
第三者が見てみて、
右と同じ、左と同じ動かし方をするように指導してもらったらいいんじゃないですか。
もちろん私も指導しますよ。
トップへ戻る