反り腰、深腰

反り腰というのは骨盤が起きている状態で平均値よりも前傾している腰の事を言っています。

逆の、深腰は骨盤は起きているものの、平均値よりも後傾している状態の腰を表しています。
どのような違いがあるかというと、
骨盤の角度が前傾していれば、それの上に複数の椎骨が乗っかり頭までを支持しているわけですから、もともとの脊椎のS字の弯曲は強くなります。
また、椅子などに腰かけたとき、膝を自然に閉じているような姿勢になります。
両脚をそろえるまではいきませんけど、自然位であまり膝が肩幅よりも開きすぎません。
一方、深腰の脊椎の並びは本来のS字の弯曲を引っ張るような感じになるので、ストレートに近くなります。それから、腰掛姿勢は膝が外に広がります。
よく中年のおじさんが股広げて腰かけているイメージありませんか?
この深腰姿勢によるもの、あるいは骨盤下がりによる体系変化ととらえられるようです。
といってもこれが良いというわけではありません。
なぜ股を広げるか?
これには訳があります。
最近頑張って自分に厳しくストレッチングをしています。
そこでわかるのが、
開脚位での前屈をする時、
大腿部を外旋(太ももを中心に外に転がす)、外転を強めると、
骨盤が立ってくるのです。
これは、大腰筋の起始部と停止部の位置までの距離が短くなり機能しやすくなるんだろうと考えられます。
つまり、股を開いて骨盤をなるべく立てるようにし脊椎の並びのS字彎曲を良い状態にしたいという力が働くからなんです。
この逆で反り腰の人はひざを広げないようにして、骨盤の前傾を制限かけるように働きかけているのだと思います。
どちらの腰が理想でどちらの腰がいけないかではなく、
そこに腰の存在を感じない、
そんな体が良いんだと思います。
健康なときは身体の位置なんて気にしないでしょう?
トップへ戻る