首から背中にかけての痛み

なんで痛めたのかお聞きしたところ、

逆立ちをして、

転倒した、

ということなんです。

どこで、

逆立ちの練習をしたのかといえば、

ご自宅でしていたんだって。

まず、

驚きました。

学生なんですが、

私が学生の頃、

練習したことなかったので、

尊敬しちゃいます。

私は運動音痴なのに、

練習しなかったんですから、

どんなスポーツでも、

上達しなくて当たり前ですよね。

さて、それはさておき、

床に背中から打ち付けて怪我をしたとのことですが、

突起物や、

机や椅子といった障害物にぶつけていなければ、

心配はいりません。

いや、痛いんですよ、

でも、

脊髄損傷、

骨折、

といった重篤なものを起こすことはまずありません。

しかも、畳の上であればもっと安心。

木の床でも大丈夫でしょう。

コンクリートの、

例えばピータイルの上、は、少々心配にはなってきますけど、

頭では、まず、

転倒するという考えを持ちつつ逆立ちをしているはずですからね。

つまり自己防衛の一つなんで、

この場合は、

筋肉の過緊張による障害、

だから、

打撲と捻挫の合併症。

これは、

あんまり安静にしすぎないほうがいいんですよ。

首の運動制限で、

痛みをこじらせてしまいますからね。

でもよかったね、

大変な怪我にならなくって。


トップへ戻る