朝の起きがけがつらい腰痛

ん~、

と、伸びをしてから、

起き上がりたい、

と考える私ですが、

なかなか自然にできない、

それに伸びをしようなんて考えていられない、

目覚ましがなると、どうも体が反応してしまって・・・。

中学生くらいまでは、

よくうつ伏せの状態で、目を覚ましていたので、

四つん這いになって、

稲や猫のように伸びていたなぁ。

今じゃ、

横向きか、

仰向け、

うつ伏せていても、

伸びをしない。

伸びをしてから起き上がるのに良いとされるのは、

緊張を緩和してから起き上がれるということなんだけど、

恐らく身体がある程度柔らかく、

寝付いてから、

寝返りだけの動きで多少の硬さがはいったから、

それをほぐそうとする自然な行動なんだよね。

つまり、

体が固くなるような使い方を、

何年も続けていると習慣化されて、

その緊張を伸びだけでは改善しないということを、

脳が理解してしまって、

伸びることを諦めてしまうんだと思うんです。

意識的にすれば、

伸びれますが・・・自然じゃない!

そんな体を取り戻したい、

と考えている人はまだ間に合う。

自分で無理なく毎日、

ストレッチングすればきっとまた、

自然に伸びたくなる体に戻りますよ。

だって、

自然な身体は、

睡眠を取ることで、

疲れは回復するんですから。

それを通り越してかつ、

ストレッチングも痛いからやりたくないとあきらめている人は、ヤバイ!

疲れが取りきれなけりば、

絶えず緊張状態になって、

しまいに朝の起きがけに痛くて起き上がりづらくなってしまいます。

見てくれている人の中にも、

たくさんいらっしゃるんじゃないかな。

そんな方だからこそ、

早めに対策を打つ!

人に頼って、

自分でも生活改善を心がける!

必ず、

自然に伸びたくなる体に戻れる、

そして、

付随して、

体温が上がる、

つまりそれは免疫が上がる、

最近風邪を引いてから、

なかなか治らなくなっているという人も、

その悩みから開放されるはず。

それだけ、

睡眠が大事で、

伸びがまたそれと同じように大事だということ、

自然でありたいじゃないですか。

電話ください。

トップへ戻る