足の捻挫

捻挫とは、

読んで字のごとく、

ひねって、

傷つけたモノのこと。

定義としては、

関節が直達、外達外力によって、

脱出し、

元の位置に戻ったもの、

なんだそうですが、

瞬間の出来事で、

わかりません。

基本的には、

急性の怪我ですが、

亜急性という曖昧な表現のものも適用されるようです。

しかし、

あくまでも、原因の存在する怪我に限られるので、

気がついたら痛かった、

診察してもらったら、

関節がずれていたというものは、

怪我とは判断できません。

つまりは捻挫ではないのです。

と、捻挫について書きましたか、

治りたいから医療機関に行きますよね。

そんなとき、

その先生の方針に従いましょうね。

固定を必要とするものは、

自己判断で、包帯を外してはいけません。

必要なテンションをかけながら包帯というものは巻きます。

風呂から出たら巻くからいいや、

とはしないほうがいいですよ。

それでいいという先生も時々いますけど。

ただ、最近は当院では、

高度特殊療法の、

神経筋整復方で関節の軸合わせと、

筋肉の連携を高め、

代謝を促し、

組織回復を高め、

治癒するように導きます。

痛い治療なんだけど、

何年も痛みをこじらすよりも良いと思いますよ。


トップへ戻る