アトピー性脊髄炎?

初めて聞く名前にびっくり!

中枢神経系が自己免疫機序により障害される疾患で、最も高い頻度の多発性硬化症、中枢神経髄鞘抗原を標的とした代表的な自己免疫疾患と考えられている。一方、外界に対して固く閉ざされている中枢神経系が、アレルギー起点により傷害されるとは従来考えられていなかった。~~~

と、概念、定義が記されているんですが、

また新しい名前の病気のくくりを作っちゃいましたね。きっと昔からあったんでしょうね。

こんなことを言っていたら、

お医者さんに叩かれてしまうんでしょうけど。

この障害の患者さんの主張は、

四肢のじんじん感という、異常感覚。

ま、この分野でまた研究されていくこととなるんでしょうけど、

アトピー性ということもあり、

ステロイド

ってことですね。

ステロイドが無効だった場合、

血漿交換が有効なんだそうです。

なんか他の治療見つけたほうがいいような気がするのは、私だけ?

ちなみに、じんじん感のある人はよく来ます。

ただ、私達には診断する能力も許可もないので、

病名はつけられません。

私は身体、

筋肉の働きを良くして、

免疫力の向上を図り、

その反応を安定化できるように医療をすすめるべきだと思うんですけど。

病院と連携して、

血中のIgEの濃度の測定や、

好酸球、血漿のデータの変化を見て行ければ良いと思ってます。

細分化するのには私は反対なんですが、

気にし過ぎなんですかね。

トップへ戻る