骨折

保険屋さんがみえて、

来年のカレンダーを頂いて、

話をしていたら、

大腿骨の骨折はしたくないね、

というのです。確かに大変です。

人工骨を入れるか、

寝たきりになるか、

選択が難しいです。

それを避けるために、

人間は手をついて防御するんですが、

手首を骨折された方が知り合いにいたそうです。

私は手首の骨折でよかったですね、

という気持ちになるのですが、

手をつかずに肘をついたらよかったんじゃないか、

と、医者に言われたそうです。

まぁ、そのひとの見解なのかもしれませんが・・・。

肘をついた場合考えられるのは、

上腕骨の外科頸骨折、

あるいは解剖頸骨折、

または、肘頭骨折などが考えられ、

手首の骨折よりも大変になると考えられます。

骨折しないように、

躓かないようにすることが一番の予防なんですけどね。

そこで歩き方の話にもなり、

大股で踵から歩くようにしているというので、

バランス崩して転ばないようにしてくださいねぇ、

と注意しておきました。

綺麗な歩き方をしている人は、

ほとんど、

大股では歩いていません。

モデルは別です。

見せる歩き方と、

自然な歩きかたの違い、

何気なく見たらきっとわかると思いますよ。

自然で安定した歩き方ができていると、

躓いても大きな怪我をしないように危険回避が上手にできます。

トップへ戻る