足底筋膜炎

先日来院された女の子。

かわいそうなんだけど、

整骨院で許される保険診療は、

急性、亜急性の怪我だけ、

亜急性の怪我というものはアバウトなものだから、

私は完全に急性のものでない限り保険適用はしません。

更に、保険診療の他に、必ず保険外の療術で施術しているので、

保険内での診療はしていないんです。

それをわかっているはずの患者さんのお母さんだったのですが、

保険内でと言われましたので、

一応問診して触診して、

一応確認しました。

これは、怪我じゃありませんので実費での治療になりますけど大丈夫ですか?

もし保険内で治療をされるのであれば、

整形外科で診てもらってくださいね。

以前に外科的な傷があり、

それを処置してもらってから痛くなったというのです。

しかし、痛くない時期があったのだけれど、

最近またそのへんが痛くなってきたのだ、

ということなんです。

それも最近になって習い事を始め、

裸足で踏ん張るような和楽器を習い始めたというではありませんか。

よく見ると、横アーチがなくなってきています。

更に、触診でアーチがなくなった上に逆にアーチが出始め、

更にその深くの組織が肥厚し始めています。

足底筋膜は、

パツンパツンに張り詰めています。

これは、

私が施術するならば、

下腿筋群の整合をしたうえで、

全身調整に至るような手技をかけざるをえません。

もちろん、傷病名なんてつけられません。

そんな権限がありませんからね。

( ◜◡◝ )

整形外科で良くなってくれると良いのですが。

一番は私が責任を持ってみたかったのですが、

その家の事情と、

国が定めた法律が合わなかったのが、

縁の切れ目になったのですけどね。

トップへ戻る