からだづくりの第一歩

安定した体を手に入れるために、

大きな動きは辞めましょう。

大きな動きは不安定にするだけです。

まず、ゆっくりで間違いなく体を動かすことから身に付けるため、

あまり大きな動きをしないことが重要になります。

歩き方は昨日話したとおり、

腰を回すような運動も、

小さくしっかりとした円を描けるように、

そしてつっぱり感かなくなるくらいスムースに動けるようになってきてから、

少し回転を早めていきましょう。

回転も早くなれば、

自然と遠心力が、

腰を外に振り回しますから、

大きな円を描くようになります。

ただ、、本来はそれでも大きな円は作らないほうが良いと考えています。

できることなら、

細かく早く、

軸を歪めないように回せるようになることが理想です。

不安定は、怪我を発症させる最大の要因ですから。

とりあえず、

ストレッチングと並行して行いましょうね。

トップへ戻る