フラフープ、体幹を鍛えるのには良きトレーニング

先日、芸能人格付けチェック、

という番組をテレビで見ていた時、

フラフープをやっていたので、

ネタに。(´∀`*)ポッ

西岡徳間さんや、高橋みなみさんみたいなフラフープが一般的なのに対し、

荒川静香さんのフラフープはほとんど無駄な動きのない、とても理想的な運動をされていたのに驚きました。

やっぱり、トップアスリートと呼ばれる人達は違うんだと実感しました。

つまり体幹のバランス感覚と、

リズムと、

予測力が優れているので、

常にフラフープが接触しているのを感じる最適なタイミングに、

どの程度遠心力がかかるかを、

無意識に計算し同時に複数仕事をの脳がこなしているということなのです。

だから私は、

ご子息さんを、

芸術でも、スポーツでも、

何かに秀でた人にしたければ、

特定のスポーツをさせるのではなく、

よりたくさんのことを経験させたうえで、

その子がやりたい方向に気持ちが傾いた時、

英才教育をすれば良いと考えています。

でも、子供のいない私が言ってもしょうもないことなんでしょうけどね。

ただ、トレーニングの一つにフラフープや縄跳びを入れるのは良いことなんですよ。小さな子供のうちからやらせとくのは大人になってから得すると思いますよ。

トップへ戻る