骨盤を後屈できない人

からだの前屈、後屈をスムースにできない人がいます。
前屈は得意で後屈は苦手、
逆に
前屈は苦手で後屈は得意という人、
これらは、
深腰と反り腰の体系の違いからも起こりやすいですのですが、
その他にも何か違いがあるようです。
それは何かというと体が傾いていると錯覚している人、
無意識に傾いているようになってしまっている人はその傾向があるようなんです。
先日初めて骨盤が後屈できない人に出合いました。
前屈はもちろん骨盤も連動し、
股関節を軸に前屈します。
そして後屈になると、
脊椎だけが後屈し、
骨盤は後屈を強めようとすればするほど、
股関節を中心に前屈してしまうのです。
もちろん痛がっています。
何が悪いのか考えていたのですが、
分かりません。
わたしのキャパを超えてしまっていました。
つまりこれは骨盤の後屈を忘れているか、
覚えていないかで、
訓練をしてあげるとそれは改善するという考えにたどり着いたのです。
しかし、手で支持してあげることでできると思ったらできないのです。
もちろんその方の体はかたいので神経筋整復法で軸合わせと神経筋連絡不全の解消を試みるとゆるみ症状の改善がその場はします。
しかし、すぐに同じ姿勢に戻ってしまう。
と、そんなことの繰り返しで体に変化は出てきているので快方へと向かっていると判断できるのですが、骨盤の後屈ができないことがとても気になって仕方がありませんでした。
でも、昨日ストレッチングボードに立って前後屈を何気なくやってみたら、
前屈は骨盤から全体に前屈できるのに対し、
後屈は骨盤が股関節を中心に前屈をしはじめ、脊椎が後屈するという現象に出合いました。
つまり潜在意識下に爪先上がりの何らかの現象が存在してしまっているので、前傾するように体の神経・筋肉の働きが起こる中、
顔だけは正面を向くようにするために胸を突き出すような不思議な姿勢をとっている、ということなんでしょう。
そんな仮定がたつことに気が付きました。
プラスアルファとしてリュックサックをしょって移動される方なので、
より後方への引っ張られ感が発生して今の姿勢強調が起きていると考えられます。
でも意識改革の他に、今まで指導してきたトレーニングは続けてもらわなければなりませんけどね。
トップへ戻る