歩く、走る、で注意点

歩くで注意することは、
踵からついてではなく、
足の裏を後ろの人に見せるイメージで踵を上げる。
ただ、慣れてきたら思いっきり上げる必要もないんですが、
初めのうちは、
足首を返す(伸ばす)ために踵を上げて体を前に送り出す形を、
習慣化する必要があります。
つまりこの歩き方を注意して行うと、
歩幅は大きくできないわけです。
歩幅が広がらない分、
安定します。
専門かなのか専門家でないのかわからない方々が、
歩くときは踵からついて大股で歩かなければいけないようなことを、
公の場で言っていますが、
そのような歩き方をしている人たちの足や腰を診て、
良いと思ったことはありません。
もっぱらうちに来る人は悪くなった人ですからね、
いいはずもないんですが・・・。
ダイエットのためにウォーキングをしましょうと、
考えて始める人には、
歩幅は自然体で、
回転を速くするように指導しています。
つまり、大股で歩くのと同じ距離を同じくらいの時間で進むためには、
沢山歩かなければならないわけです。
自転車でいえばギアーの装備されたものを追いかけるためには、
ギアーのない自転車をこぐ回数を大幅に増やせば追い付けるはず。
これと同じなわけです。
歩く姿勢を保ちつつ、スピード感のある歩きこれが一番いいに決まっています。見ていて美しいそんなフォームこそ障害の少ない生活を送ることができるのです。
走るというと駆けるも同じ中に所属しますが、
横文字の言葉では、
ランとジョグは違います。
ジョグの場合はかけるというイメージはなく、小走りをするような感じのフォームですね、一方ランは知っての通り駆け足の状態ですから、
腿を上げて走る感じになりますよね。
ただ、腿を上げるというイメージでいいのかな?
なんて考えてしまいました、
膝を挙げる、膝をけりだすイメージの方が、
膝、股関節が動きやすいのではなかろうか。
ジョグの場合は、身体を前に倒していき、
自然に前に足を着く感じの惰性のような感じで動かすのが理想的ですね。
そしていくら走っても呼吸が上がらない、
つまりは有酸素運動なのがジョグなんです。
もちろん歩きもそうですけどね。
膝を前に蹴りだすということは、
股関節に大腿骨は連結しているわけだから、
必然的に膝は上に上がるようになるわけです。
これを腿を挙げようと思うと、
腰が反るようになってしまうために、股関節の可動範囲は広がるけど、
走る時には走るフォームを作り直す手間が生じるように思うんです。
とはいえ、自分は走るのがそんなに得意じゃないんで、
アドバイスにならないかも知れません。
トップへ戻る