そり腰、深(ふか)腰

どちらが正解というわけではありませんが、
どちらもよくないというわけではありません。
最近では、
反り腰、
深腰
と表現する医師の方々増えてきました。
つまりは整体関係の表現だったり、
考え方だったりが、
移行してきたんだと思います。
整形外科と整骨院の違いなんて、
よく理解されていない方が多いようですから。
それは置いておいて、
反り腰の人の骨盤は、
起き上がっていない状態、
背骨は腰部に強く彎曲姿勢をつくりだします。
だって、骨盤が前傾になったまま体幹だけ上に起き上がるわけだから。
つまり、表層にある直筋系の起立筋群がおもに力んでいるような状態になるんです。
反対に深腰の人は、
骨盤が起きたままになってしまっていて、
前傾しづらいんです。
背骨は必然的に、
前彎できずにストレートになりがちです。
この場合は、深層にある斜筋系の細かな筋肉の起立筋群が力みっぱなしになります。
どちらにしても起立筋が力みっぱなしになれば腰痛は起きやすくなります。
ですので、
腰に不安を抱えている人は、
ストレッチングする際、
やみくもに前屈したりするのではなく、
骨盤を前に倒す、骨盤をそらせる、骨盤を左右にひねる、
という意識をもって行うべきですね。
人間意識すると、
その部位の筋肉を動かすことができるようになるんですよ。
(^_^)v
トップへ戻る