枕を変えて、約ひと月が経過しました

それといった枕を購入したわけではないんです。
今使っている枕はバスタオル。
高さの調節ができるのがすごくいいんです。
私は今まで、
どんな高さの枕でもいいですよと、
教えてきましたが、
実際に変えてみて思うに高さが決まっていると、
体にも優しい、
ということ。
そして高い枕でもなく低い枕でもない体に適したものを使った方が良いことに今気が付きました。
先日何気なく、
バスタオルの折りたたみ方を変えてしまっていたのです。
つまり、バスタオル12枚の高さになってしまいました。
わたしの丁度良いとされる高さは、
9枚でした。
つまり3枚ほど高いのです。
眠るときは少し高いけどまぁいいかと思い、
目が覚めると、首や肩が痛くなっているのです。
たったあれしきの高さの違いで、
こんなにも変化が出るんだと。
さらに、
わたしは睡眠時、いびきをかいてしまうのですが、
枕が高い時の方がよりいびきをかいているようで、
のどの変化も現れました。
高めの枕を使っていたとき、
寝づらい、と感じていたのですがその時、
咽頭(喉ちんこ)が落ち、のどの閉塞を良く感じたものでした。
つまり、
上部頸椎周囲の筋肉が緊張し、
かつ、頚部前屈の形をとってしまうことから、
気道が閉塞されやすくなるということなのです。
睡眠時無呼吸症候群の人もおそらく
頚部の緊張が強く、
下顎から舌骨にかけての緊張の強い(顎とのどのくびれが少なくなっている)と思われます。
横向きで寝る時の枕の高さなんて気にしなくていいんです。
横向きになる時は長時間横向きでなられるわけではないだろうし…
決めつけはよくありませんね。
ただ、寝ている間は寝返りを打ちます。
結局不安定な横向きでは長時間いられません。
とくに、バスタオルの高さぐらいでは。
だから、すぐに仰向けになるかあるいはうつ伏せになるか、
そんなうつ伏せで寝る時だって、
枕が高いと首を横に向けようが左右どちらかの伸展割合が強くなってしまうため、顎をゆがませたり、首の筋違いを起こさせたりしてしまいます。
試しに枕を変えてみてはいかがですか?
私の結果は、すこぶる良い感じです。
トップへ戻る