これはただのストレッチングではない、究極のストレッチングだ

ストレッチとは伸ばすという意味の言葉です。
~ingが付いた言葉
つまり現在進行形で伸ばしていますよ、
という言葉こそストレッチング。
ストレッチングで大事なのが、
静止時間を必ず確保するということ。
反動をつけてしまっては、
少し非効率なことが起こってしまう。
反動の付け方にもやり方があり、
最大伸長されたものを変えないようにしてさらに伸ばす方向に、
力を加える、という方法です。
これならば、効率の良いストレッチングにプラスの要素が加わるかもしれません。
ただ、難しいですよね。
それからストレッチというのに、
腹筋、背筋など、
鍛えるように動かされる指導を受けていることがありますが、
それはストレッチングではありません。
では何が究極のストレッチングなのでしょうか。
そう、固有受容性神経筋促通法、
いわゆるPNFをベースとした
神経筋整復法これこそが究極のストレッチングであると考えています。
師匠からはストレッチングじゃないといわれてしまうんですけどね。
関節筋肉腱の最大伸展位あるいは屈曲位を確保したところから、
その筋肉の筋線維を伸ばす刺激を加えてあげることで、
Ⅰa群感覚神経線維Ⅱ群感覚神経線維から伸ばされた、あるいは縮まされたと脊髄へ信号が送られ、
伸ばされた筋線維と縮められた筋線維のバランスを取ろうと、
脊髄からα運動ニューロンとγ運動ニューロンに指令がおくられ、
筋線維の変化に伴い、
腱紡錘の1b群感覚神経線維がⅠa群感覚神経線維のバランスをとり、
自然な筋肉の伸長を得ることができるのです。
つまり筋肉をストレッチングしようとすれば、
神経筋整復法は、
自ずと神経反射弓(反射回路)の調整をしてしまうわけです。
一人でするストレッチングよりも、
誰かに補助してもらってするストレッチングよりも、
一般的に行われているPNFよりも、
無理がなく心地よく筋肉が活性されるストレッチング、
究極呼ばずしてなんととらえる?
なんて自画自賛みたいですね。
トップへ戻る