時間があったのでMMPという治療を自分にかけてました。

movement by mental process

という療法の
頭文字をとって
M.M.P
と呼ぶんです。
簡単に考えれば、
自動運動による自己地治療プログラム
なんですね。
暗示みたいなものです。
ただ、当院でも外気功を使った療法を多用していました。
しかし、気功療術というもの、
患者さんには、
何が起きているのかさっぱりだったようで、
少しショッキングだったようなので、
封印しました。
怪しい療術と思うんでしょうね。
ただ、
完全に手が触れないというものではなく、
それがかかった状態で、
(外気功がかかった状態で)
手技をかけることは時々行います。
それでも、
変化が起きすぎてしまうので、
リバウンドが結構出てしまったみたいなので限定して行っていました。
最近は自分の体の節々が結構痛むので、
久々に
MMPを実践しました。
実際僕の体はMMPですべて症状がとれてしまう体ではないので
軽くなればOK!
大地のお力をおすそ分け~、
って、いただきながら、
体を戻していってもらうんです。
自分で意図的に動かしている感覚とは違って、
何とも言えない不思議な感覚。
説明できないんですけど、
手技をかける時にも、
外気を通されると同じ感覚になります。
一度かかると、というか体験すると、
自然とスイッチが入りやすくなります。
いろんな治療体系の気功がありますが、
せっかく地球上に住んでいるんだから、
そのパワーを拝借して、
体を調整してもらう。
無理がないので癖になります。
もっと強い力を借りられるならば、
宇宙の力、
あるいは
太陽のエネルギー、
などなど、
自然界にはいろんなタイプの整体に活力を与えてくれる磁場が存在しています。
トップへ戻る