絶対!痛みのある時は筋トレしないで!

筋肉を鍛える

一般的に
筋力トレーニングは、
筋肉に負荷をかけて、
傷めて
修復され
筋線維を太くする、
という行為ですね。
これを、
結構の割合で、
○○○○の筋肉が弱いから鍛えてください、
と指導を受けることが結構あるようなんです。
でも、考えてみてください、
痛いから、
治療しに行くんですよね。
そう考えると、
その周囲の箇所には、
歪みなりの、
機能障害があるわけです。
働けないんですよ。
会社だったらブラック企業だって言われてしまいます。
従業員をリストラし、
少数になった状態で、
今まで以上の仕事をやらせるんですから。
自発的にやめることはできないんです。
某会社の社員さんみたいに、
行動にでなければ、
その悲惨さから逃れられない、
そして、
最終手段に・・・。
からだの中だって同じです、
ストライキもサボタージュもできないんです。
脳が指令を出すから。
脳が生きている限り、
絶対ですからね。
健康な状態で、
筋肉に負荷をかけるのは、
修復容易なので、
それは良いことだと思うんです。
ただ、それでも、
日ごろのケアに、
メンテナンスを受けてもらいたいんです。
それは日常生活以上い、
プラスアルファで、
筋肉に負荷をかけるわけですからね。
痛かったり、
メンテナンスに、
必要性を感じられている方がいましたら、
お電話ください。
トップへ戻る