今の自分を変えるより、もっと先の未来も一緒に変えませんか

先を見て行動しなさい!

よく言われてきました。
家庭の中でも、
学校の中でも、
社会に出てからでも。
「痛み」も同じことだと思います。
今現在の痛みだけとれれば、
その後すぐにぶり返してもいいんですか?
そんなことないですよね。
だからこそ、
医療従事者と患者の関係で、
50:50
いや、もっと患者さんには努力をしてもらわなければならない、
そう考えています。
ストレッチングが苦手でやる気がしない、
だったら、施術回数も間隔を狭めてより多くしなければならないし、
自分の予定で休むとかいうのも、
時どきならばいいのですが、
繰り返しされるのは、
努力が足りないと思うんです。
もちろん、
ストレッチングだけで変わるわけではありません。
日常生活の、
習慣を変える。
たとえば、
長いこと痛みに苦しまれていると、
不思議と使い方を悪い方向にどんどん変えていってしまい
悪く言うと
痛みがあって当たり前、
力が抜けて当たり前、
この角度にするとしびれて当たり前、
といった確認行動をとるようになってしまうんです。
このような行動を変えていく努力を、
行って、
はじめて未来につながる一歩に踏み出せるんです。
50:50
ということにはならないかもしれませんが、
経済的な負担を負うか、
肉体的な負担を負うかで、
はじめて50:50になるのです。
100:0
こんなことはありえません。
0:100
はありえます。
だってこれは医療機関にかからない方法ですから。
トップへ戻る