治療は、施術とご自身の努力、お互いに取り組んで初めて治療です

治る見込みがある、

そんな症状だから、
一緒に症状の改善に取り組んでもらおうと、
習慣の改善を試みるように、
アドバイスしたところ、
もう施術のなすすべがないと思ってしまわれたのか、
予約の連絡のない方がいます。
本来、
施術の間隔は、
私が決めるものだと思っています、
しかし、
みなさん、お仕事をされていたり、
ご本人が仕事をされていなくても、
交通手段に、
車の運転ができる方が、都合で予定が付かない、
そんなことを考慮して、
患者さん主体の予約になってしまっています。
でも、ケガにしたって
生活習慣で出てくる障害だって、
自分で治せる状態じゃないから、
医療機関にお手伝いしてもらうんですよね。
でしたら、
体を第一に考えて、
自分の予定を変更して、
その症状を治すことに立ち向かうように、
指示に従うべきじゃありませんか?
物であれば交換して、
すぐに復活できますが、
私たち人間の体は、
部品の交換はできません。
自然治癒力、
という機能を携えているわけで、
その機能は瞬時に、
全ての機能を元通りにできるわけではないんです。
だから、
医療機関での指示通りに、
施術間隔は詰めて、
ご自身の治療に当たられるべきですよ。
心当たりのある方は、
お早めにお電話くださいね。
トップへ戻る