「痛み」の手術をしてもとれなかった例

「痛み」を発しているのがそこが問題で、

その機能を改善すれば痛みが無くなる?
この疑問に遭遇するのは、
腰椎椎間板ヘルニアの手術した人で、
痛みがとれなかった人がいる、
ということにです。
ヘルニアはここにあるべきものではない、
といったニュアンスのものです。
椎間板ヘルニアの場合は椎間関節の、
椎間板内の髄核と呼ばれるものが、
周りの繊維輪と呼ばれる軟骨の弱い部分から、
とび出てしまって、
神経を押し出してしまうことから、
症状を発するものです。
手術では、
そのとび出た髄核を削るか焼いてしまうということをするそうです。
そう、
神経を押し出している髄核が無くなれば
原因除去で痛みはなくなるはずですよね。
でも、痛みやシビレはとれない方、
結構いらっしゃるんです。
そうすると原因はどこにあったんでしょうね。
答えは別にあるということになるわけです。
トップへ戻る