ひのくま整骨院の整体、簡単に説明するとストレッチング

ストレッチングとは、

日本語に翻訳すれば、

伸ばしている(現在進行形)ですよね。

つまり、筋肉や、皮膚、腱、靭帯など、

人の体の軟部組織を伸ばすことを目的とした手法を用いて、

関節の歪みを整える手技療法なんです。

自分自身でするストレッチングで感じる痛み、つっぱり感、と

人に動かしてもらってするストレッチングで感じる痛み、つっぱり感、

同じように感じてしまうという人がいますが、

実は違います。

一応生体防御はどちらも働いています。

しかし、自分で行ってつっぱっているという感覚は、

痛みを感じたらストッパーをかけられます。

だから、無理がかからない。

一方、人に押してもらったりする場合、

そのストッパーを通り越しそうになった時、

逆に反発する力をかけることとなるので、

実際は筋肉が伸びることは少ないのです。

では、ひのくま整骨院では人に動かしてもらってつっぱり感を感じるのに何が違うのか、

これには関節のねじれや歪みを調整しながら、

その筋肉に最大の抵抗をかけるのですが、

それ以上送らない、強めないという技術訓練された手技をかけるようにしているので、

筋肉の伸びる縮むのギリギリの刺激をかけ、

筋肉を緩めるのと同時に、

神経の働きを高めることができます。

最大の抵抗で、抵抗運動をするPNFという療法があります。

神経筋整復法は、抵抗運動をしないで最大抵抗をかけて、

筋肉を緩めるというPNFの進化版なんです。

ただ、最大抵抗をかけたストレッチングにセッティングした時に、

痛くない、逆に気持ちの良い、脱力感がある場合、

これは、受ける側、つまり、患者さん自身の完全なる緊張が抜けていて最高のパフォーマンスを得られている状態なんです。

不安や自分でこれ以上曲げられないのではと言う思い込みが入ってしまうと、

緊張は早めの段階で入ってしまうこともあります。

また、筋膜同士の癒着が少なからずあるので、

長いこと痛みで悩まれていたりする症状は、

癒着が剥がれていく時に痛みを感じやすいです。

簡単に考えたら、かさぶたを剥がしていくような痛みなんですからね、

痛いですよ。

でも癒着があると本来の機能を効果的に発揮できません。

最近話題の筋膜リリースは、

この筋膜に注目して行う手技なんです。

リリースは、戻すということですからね。

PNFよりも歴史は古い手技なんですよ、

筋膜リリースは。

それから必ずつっぱり感を感じるわけではないので、

怖がらないでくださいね。

安心安全な無痛療法です。

つっぱり感は時々感じる人がいるということですからね。

長々と説明したんですが、

わかってもらえましたかね?

トップへ戻る