反り腰、深腰

腰痛を見分ける一つの方法として、

腰が反っているか、

その逆の反りが少なくなってストレートの並びになってしまっているかというものがあります。

最近はお医者さんもその姿勢に対して関心を持たれているみたいですね。

そもそもなんでこんなことになるのでしょう。

これは、腰回りの筋肉のバランスが崩れていることの表れで、

必ずしも反っているから悪い、

深腰だから悪いとは、

一概に言えません。

バランスが崩れていなくても、

普段の使い方に人によって反っているか、ストレートになっているか、

にみえてしまうことがあるからです。

私も習いたての時は、

簡単に姿勢を見分けて判断した方が施術にロスがないと思っていました。

しかし、

私の判断の違いで痛みを強くしてしまうこともありました。

その返し技を入れることも少なくありませんでした。

現在は、患者さん本人に感じてもらって答えを言ってもらって、

その形に合わせた手技を行うようにしています。

これはレントゲンには映らないので少しばかり厄介と思われがちですが、

そもそもレントゲンが存在しない、使えない私たちが、

薬も使えずに、

早く痛みをとるための手段なんですから、

医師に理解しにくい施術なんだと思います。

それの腰痛施術の判断材料なわけですから、

そういった痛みは私たちの範疇になるわけです。

反りでもない深腰でもない場合は、

第三の腰痛として他の施術と検査を実施します。

色々な症例がありますからね、

これは一つの大雑把な腰痛を区分するものに使われる言葉です。

腰痛でお悩みの方は、

医師の検査や治療と違った角度から入る、

神経筋整復法をお試しになってみてください。

まずはお電話くださいね。

トップへ戻る