スマホネック

最近聞いた傷病名?

「スマホネック」

正式な傷病名じゃないんですけど、

うまいこと乗っかりますね。

それでも患者さんは深刻ですよね。

痛いから、整形外科に行きレントゲンを撮ってもらって診断を受けるんですからね。。

スマホを見る姿勢が、覗きこむから悪いと言われています。

さてなってしまったら、

当院にいらしてもらった場合、

レントゲンはありませんし使えませんので、

まず、どんなことをした時に痛いのか、

痛みが強くなるのか?

動かしてもらいます。

まずは、現状をお互い確認しておきます、

患者さんは痛いということで、どの動きで痛みが強くなるのかを実際のところあまり把握できていないことが多いですからね。

それからその動きをつけてあげるような検査をします。

あくまでも首をひねってどうするということではなく、

腕から肩首にかけての筋肉に刺激をかけてあげて、

変化を見ます。

私が見て円背だと思えても円背でなかったりすることもあります。

機能重視で見て感じてもらいます。

いろんな原因で同じような形の痛みを出されているので、一人ひとり処方する施術は違います。

ただ、筋肉を伸ばしていったり縮めていったりした時に、筋肉内の神経の働きを他動的に引き起こして、

そのフィードバックされる、運動神経伝達と、筋の収縮運動を調整する手法が神経筋整復法です。

簡単な症状ではありませんから、予約制で施術しているんです。

トップへ戻る